デカフェは身体に悪いは嘘?身体に悪いと言われる理由を解説

こんにちは
コーヒーとスイーツを愛するブロガー Kすけ(@desertandcafe)です。

カフェインを摂れない人にとっての強い味方、デカフェ(カフェインレスコーヒー)ですが、「身体に悪いのではないか?」という噂が根強く残っています。

デカフェをおすすめしている身として、デカフェのネガティブな話は見過ごすことができません(笑)

今回はデカフェが身体に悪いと言われている理由と、身体に悪くないデカフェの選び方について、お話したいと思います。

この記事でわかること

  • デカフェが身体に悪いと言われる理由
  • 身体に悪くないデカフェの選び方

デカフェが身体に悪いと言われる理由・・・

デカフェが身体に悪いと言われている理由について考えてみますと、カフェイン除去の方法に焦点が当てられている気がします。

カフェインを除去するときに、薬剤やなんかを使っているから身体に悪いと、そういう話ですね。

甘い。甘すぎる。とらやの羊羹より甘いですぞ。

たしかにカフェインを除去するために有機溶媒などを使用していることもありますので、その考え方も間違ってはいません。

ですが、現在はもっと安全な方法でカフェインを取り除いているものがほとんどですので、ご紹介します。

カフェインの除去方法は(大きく)3種類

水での除去

水だけを使用してカフェイン除去を行う方法には、スイスウォータープロセスとマウンテンウォータープロセスという2種類の方法があります。

どちらも水に溶けだしたカフェインをフィルターで漉しとる方法ですので、薬などは必要としません。

超臨界二酸化炭素抽出

二酸化炭素に加熱・加圧して、超臨界流体と呼ばれる状態を作り出し、溶媒として使用することでカフェインを取り除きます。

必殺技ではありません。

使用しているのはただの二酸化炭素ですので、こちらも害はありませんね。

有機溶媒での抽出

で、デカフェが健康によくないとされているのが、この有機溶媒を使用してカフェインを除去する方法です。

ジクロロメタンなどの溶媒にコーヒー豆を接触させてカフェインを抽出しますが、このジクロロメタンはもともと工業用の薬品です。

発がん性物質を含んでいるということで、使用については十分な注意が必要です。

デカフェの場合、商品にする前に洗い流しているため、商品自体に大量に付着していることはないでしょうが、100%健康に問題ないとは言えず、そういったところからデカフェは危険だと言われているのでしょう。

ですが、そもそも日本ではジクロロメタンを使用した食品の輸入・販売が認められていません。

国内で買えるデカフェは安全な方法でカフェインが除去されているもののみ、と考えてよいでしょう。

※カフェイン除去の詳細については以下の記事からどうぞ。

健康効果は?

コーヒーではなくデカフェを選ぶことで得られる健康効果はあるのでしょうか。

まず考えられるのは睡眠の質の向上です。

人によりますが、夜にコーヒーを飲むと眠りが浅くなる人は、コーヒーではなくデカフェを飲むことでぐっすり眠ることができるでしょう。

また、しっかり眠ることで自律神経が乱れにくくなり、冷え性の防止にもなります。

どんなデカフェを選べばいい?

カフェインの抽出方法が記載されているものとされていないものがあります。

先述した通り、日本には有機溶媒を使用したデカフェは販売していませんが、不安があるようならカフェインの抽出方法の記載がされているものを選ぶとよいでしょう。

また、日本においてはカフェインを90%以上カットしていればデカフェとして販売できます。

逆にいうと10%はカフェインが残っている可能性がありますので、どれくらいカフェインをカットしているのかもあわせてみてみるとよいかもしれません。

それ以外の選び方やおすすめのデカフェについては、以下の記事で紹介していますので、ぜひみてみてくださいね。

まとめ~日本のデカフェは安全~

日本はいろんな面で安全にとても配慮されている国です。

食品についてもそれは同じで、たくさんの調査や研究をしたうえで、身体に入れても問題ないかどうかが決められていますので、日本の食品は比較的安全といえるでしょう。

ですが、どんな食品であっても飲みすぎ食べ過ぎは身体によくありません。

デカフェにしたって同じですので、飲みすぎないように気をつけながら、楽しいコーヒーライフをお過ごしください(^^♪