【フレーバーコーヒーってなに?】普通のコーヒーとの違いは?

こんにちは
コーヒーとスイーツを愛するブロガーKすけ(@desertandcafe)です。

最近は大手カフェチェーンのスタバやドトールでも売っている「フレーバーコーヒー」ですが、
いったいどんなものなのでしょうか。

今回は「フレーバーコーヒー」の概要やおすすめなどをお話ししたいと思います。

この記事の結論はこんな感じです。

  • フレーバーコーヒーはコーヒー豆にバニラやフルーツなどの香りを添加したもの
  • 香料は使っているが、適量を飲む分には問題ない
  • 安定して手に入れたいならオンラインショップがおすすめ

フレーバーコーヒーって?

フレーバーコーヒーというのは、コーヒー豆を焙煎するときや焙煎後に、様々な香りを添加したものです。

海外では割と販売されていることが多いですが、日本ではまだまだマイナーな分野といえます。
ですが、最近では国内の大手カフェチェーンでもフレーバーコーヒーを販売するなど、少しずつ普及してきているように思いますね。

味覚と嗅覚には相互関係がありますので、例えばコーヒーに甘い香りをもたせることで、実際には甘くないのに甘く感じたりします。

甘いものは飲みたいけれど、体質などで飲むことができない、という方にもおすすめですね(^^)

バニラやチョコレート、ナッツ、フルーツなど、添加できるフレーバーには非常にたくさんの種類がありますので、自分の好みのフレーバーを探すのも楽しみ方のひとつです。

また、普通のコーヒーは苦くて飲めないという方が、フレーバーコーヒーなら飲めたというお話も聞いたことがありますので、チャレンジしてみても面白いかもしれませんね。

安全なの?

コーヒーに香りをつけるって聞くと、添加物がたくさん使われているんじゃないかと気になってしまいますよね。

実際にフレーバーを付ける際には天然の香料だけでなく、合成香料を使っていることもありますが、使用量はわずかです。飲みすぎに注意すれば身体に大きな悪影響を与えるということはありません。

普通のコーヒーでも多量の摂取はカフェイン中毒などの危険性がありますので、どんなものであっても適量を意識して飲むようにしましょう。

それでも添加物が気になる方は、購入前に使用されている成分をチェックしてみることをおすすめします。

コーヒーの摂取量についてはこちらの記事をご覧ください。

どこで買えるの?

最近ではスーパーやコンビニでもたまに見かけますし、大手カフェチェーンの店頭などでも入手することができますが、安定して購入したいのであればオンラインショップで購入されることをおすすめします。

有名どころをいくつかご紹介しますね。

ライオンコーヒー

1864年にハワイで創業以降、世界中で愛されている老舗です。

パッケージにでっかくライオンが描かれているのが特徴的ですね。

スターバックスコーヒー

スターバックスのコーヒーは店頭でも購入できますが、オンラインでも購入できます。

お店の味をおうちで楽しめるのはすばらしいですね。

極・馨-Gokkoh-

楽天やAmazonにはありませんが、実際に購入してみてよかったのは「極・馨-Gokkoh-」のフレーバーコーヒー。

フレーバー×デカフェなので、カフェインを気にすることなく飲むことができます。

オンラインでの購入時の注意点

豆の状態

普通のコーヒーの購入時と同じように、インスタント・粉・豆など、どのような状態で袋に入っているのか、よく確認の上で購入しましょう。

おうちにコーヒー豆を粉状にするコーヒーミルがないのに豆の状態で買ってしまっては、せっかく買ったのにすぐに飲めないということが起きてしまいますからね。

送料

オンラインショッピングを頻繁にする方は大丈夫かと思いますが、普段あまりしない方は送料にご注意くださいね。

いくつか見比べた時に商品単価が安いと思っても送料無料じゃなかったりしますので、送料は無料なのか。そうでないなら送料と商品単価を足した金額はいくらなのか。

しっかり比較して一番安いところで購入しましょう。

まとめ~香りで安らぎと彩りを~

フレーバーコーヒーはコーヒー豆の焙煎前後などに様々な香りを添加して、コーヒー以外の香りを楽しむことのできるコーヒーです。

香料の使用量は微量ですので、身体を壊すようなことはありません。
カフェイン中毒にも注意しながら適量を飲みましょう。

大手カフェチェーンの店頭に並んでいることがありますが、必ずではないので、安定して購入したい場合はオンラインショップで購入することをおすすめします。

また、最近では普通に淹れたコーヒーに自分でフレーバーを付けられる、「コーヒー用フレーバーシロップ」も売っているようなので、とりあえずフレーバーコーヒーを試してみたいという方にはいいかもしれませんね。

自分好みのフレーバーを見つけて、コーヒー生活をもっと楽しく彩りましょう(^^♪