フレーバーコーヒーってなに?普通のコーヒーとの違いは?

※この記事にはプロモーションが含まれています。

こんにちは
コーヒーとスイーツを愛するブロガーKすけ(@desertandcafe)です。

 
ネコさん

フレーバーコーヒーってなんだろう?

普通のコーヒーとどう違うの?

最近は大手カフェチェーンやコーヒーショップでも売っている「フレーバーコーヒー」。

普通のコーヒーとの違いや、安全性などが気になっている方もいますよね。

 
Kすけ
どんなにおいしくても身体は壊したくないです。

そんな方のため、今回はフレーバーコーヒーについての話をしたいと思います。

  • フレーバーコーヒーはコーヒーに香りを添加したもの
  • 香料は安全な範囲で使われている

当ブログおすすめのコーヒー

imperfect表参道:初回700円で縛りなしの優良サブスク!

レビュー記事はこちら

Post Coffee:自分好みのコーヒーが毎月届く!※初回500円引きクーポンあり

レビュー記事はこちら

珈琲きゃろっと:超高品質のコーヒーが1杯53円から!

レビュー記事はこちら

 

フレーバーコーヒーとはコーヒーに香りを添加したもの

フレーバーコーヒーはコーヒーに様々な香りを添加したものです。

海外では割と販売されていることが多いですが、日本ではまだまだマイナーな分野といえます。

フレーバーコーヒーの作り方は3通り

フレーバーコーヒーは以下のような方法で作られます。

  • 焙煎前のコーヒー豆に添加する
  • 焙煎後のコーヒー豆に添加する
  • コーヒー液抽出後に添加する

焙煎前の生豆をシロップや果実などと一緒に漬け込み(インフューズド)したり、焙煎後のコーヒー豆に香料を添加したりします。

また、コーヒーを抽出した後のコーヒー液に香りを追加するものもあります。

 
Kすけ
フレーバーシロップなどが代表的ですね。

フレーバーコーヒーの種類は無限大

フレーバーにはたくさんの種類があります。

代表的なフレーバーをいくつか紹介しますね。

甘味系バニラ・チョコ・キャラメル・ココアなど
ナッツ系マカダミアナッツ・ヘーゼルナッツ・アーモンドなど
スパイシー系シナモン・ナツメグなど
フルーティ系柑橘系・ベリー系など

複数のフレーバーを組み合わせて作ることもあります。

これらのフレーバーを添加することで、通常のコーヒーでは考えられない風味を持ったコーヒーを作ることができます。

 
Kすけ
コーヒーの可能性は無限大です。

ちなみに某コンビニのコーヒーマシンの横には、シナモン・キャラメル・バニラといったフレーバーが置いてあったりします。

普通のコーヒーとの違いは香料の有無

先述した通り、フレーバーコーヒーとはコーヒーに香料などで香りづけをしたものです。

一方普通のコーヒーには香料は使っていません。

コーヒー豆が元々もっている香りや、精製・焙煎によってコーヒーの香りを作り出しています。

大きな違いは香料の有無ですが、逆にいうとそれ以外に違いはほとんどありません。

コーヒーの味わいをもちつつ、コーヒーではないような香りがする。

この特徴がフレーバーコーヒーの魅力の一つといえるでしょう。

 
Kすけ
普通のコーヒーは飲めないけど、フレーバーコーヒーは飲めたっていう話も聞いたことがあります。

フレーバーコーヒーは身体に悪いものではない

フレーバーを付ける際には天然の香料だけでなく、合成香料を使っていることもあります。

ですが、使用量はわずかです。

飲みすぎに注意すれば、今すぐ身体に大きな悪影響を与えるということはありません。

 
Kすけ
実は普段食べているものにも香料はたくさん使われています。

合成香料は危険?天然だから安全というわけではない

「天然だから安全」「合成だから危険」というものではありません。

例えばリラックス効果があるとされるラベンダーオイルには通経作用があるため、妊娠初期の方は使用しない方がいいといわれています。

また、天然香料は自然から採取されたものです。

栽培された場所(土壌)・環境など不明な情報が多く、「天然だから本当に安全か?」といわれるとクエスチョンが付きます。

 
Kすけ
なんでも天然だからいいってわけではないんですね。

ですが、現代社会には多くの香料が出回っています。

日本では厚生労働省によって、食品添加物に関する基本的な考え方が以下のように示されています。

食品添加物は、人の健康を損なうおそれがなくかつその使用が消費者に何らかの利点を与えるものでなければならない。

食品添加物の指定及び使用基準改正に関する指針(別添)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)より引用

上記の指針に沿って、食品安全委員会の評価を受けた健康を損なう恐れがないものが香料(食品添加物)として使われています。

 
Kすけ
一定の安全は確保されているってことですね。

飲みすぎには注意

香料の有無にかかわらず、飲みすぎないように注意しましょう。

フレーバーコーヒーも普通のコーヒーも、多量の摂取はカフェイン中毒などの危険性があります。

 
Kすけ
過ぎたるは猶なんとやらってやつですね。

関連記事:1日当たりのコーヒー摂取量目安について

フレーバーコーヒーのデメリット

フレーバーコーヒーのデメリットは以下の通りです。

  • 香料がきついものもある
  • コーヒー本来の味とは少し違う

順番に説明します。

香料がきついものもある

香料は少しの量でもかなりの香りが付きます。

そのため、フレーバーコーヒーも物によっては飲むのがきついくらい香料が強いことがあります。

 
Kすけ
ドリップするときに粉の量を減らしてみたら解決するかもしれません。

コーヒー本来の味とは少し違う

嗅覚と味覚には相互関係があります。

例えば実際には甘くなくても、甘い香りが付いていることで、甘みを感じることもあります。

そのため、純粋にコーヒーを楽しみたい方にはフレーバーが邪魔になるかもしれません。

 
Kすけ
そういう方は最初からフレーバー無しコーヒーを買った方がいいです。

フレーバーコーヒーのメリット

フレーバーコーヒーのメリットは以下の通りです。

  • 味へのプラスの影響
  • 自分好みにアレンジできる

順番に説明しますね。

味へのプラスの影響

フレーバーが味に影響するということはプラスにもなります。

例えば糖分を控えたいけど甘いものは飲みたい方には、甘い香りのフレーバーコーヒーがおすすめです。

糖分はほとんどないのに甘みを感じることで、満足感を得られるでしょう。

 
Kすけ
ついつい砂糖を入れちゃう人、いますよね。

自分好みにアレンジできる

抽出したコーヒーにフレーバーを添加する場合、自分の好きなようにアレンジができます。

市販のシロップを入れたり洋酒を入れたりすれば、自分だけのフレーバーコーヒーができあがります。

 
Kすけ
おうちカフェがより楽しくなりそうです。

通販で買えるフレーバーコーヒーを紹介

最近ではスーパーやカフェなどでも見かけますが、安定して購入するなら通販での購入をおすすめします。

いくつかご紹介しますね。

極・馨-Gokkoh-

極・馨(ごっこう)はフレーバー付きのデカフェ(カフェインレスコーヒー)です。

カフェインの除去率が99.9%と高く、カフェインを気にせず飲むことができます。

 
Kすけ
コーヒー自体も高品質でおいしかったです。

レビュー記事はこちら

ライオンコーヒー

1864年にハワイで創業以降、世界中で愛されている老舗です。

パッケージにでっかくライオンが描かれているのが特徴的。

最近ではキーコーヒーさんが取り扱い始めたので、より買いやすくなりましたね。

 
Kすけ
お土産としても定番ですよね。

レビュー記事はこちら

スターバックスコーヒー

スターバックスのコーヒーは店頭でも購入できますが、通販でも購入できます。

お店の味をおうちで楽しめるのはすばらしいですね。

 
Kすけ
おうちでスタバ気分です。

レビュー記事はこちら

フレーバーコーヒーの選び方

フレーバーコーヒーは豆・粉・ドリップバッグ・シロップなど、いろんな状態で売っています。

  • ドリップバッグ
  • シロップ

豆が一番鮮度良くおいしく飲めますが、コーヒーミル(豆の粉砕機)に匂いが付くことがあります。

粉はドリップの手間がありますが、比較的おいしく楽しめます。

ドリップバッグはカップに乗せてお湯を注ぐだけなので簡単ですが、豆や粉より風味が劣ります。

シロップは一番手軽ですし外で目にする機会も多いので、親しみやすいですね。

 
Kすけ
それぞれの良さがあるので自分に合ったものを選びましょう。

まとめ~いろんなフレーバーでおうちカフェを楽しもう~

フレーバーコーヒーはコーヒー以外の香りを楽しむことのできるコーヒーです。

香料の使用量は微量ですので、身体を壊すようなことはありません。

自分好みのフレーバーを見つけて、コーヒー生活を楽しんでくださいね。

imperfect表参道
今注目のコーヒーショップがサブスクを始めました。
コーヒーの質の高さだけでなく、世界の社会課題の解決に注力していることが多くのメディアに取り上げられるimperfect表参道。
初回500円で楽しめるお得なサブスクで、気軽に社会貢献してみませんか?