ポストコーヒー【ガチ勢】が本音のレビュー!1年使った感想を口コミと一緒にお届け

※この記事にはプロモーションが含まれています。

 
ネコさん
ポストコーヒーを使ってみたいけど、口コミの内容が気になる。
トラブルが多いとかおいしくないとかだったら嫌だな。

ネット上やSNSなどで名前を目にすることの多いポストコーヒー。

「あんまりおいしくない」とか、「トラブルだらけ」とかだと嫌ですよね。

また、他のレビューサイトでは、価格の情報が更新されていなかったり、期限切れのクーポンコードが記載されたりしていることもあり、正しい情報が記載されていないこともあります。

この記事では、ポストコーヒーを1年間利用したコーヒー好きが、ガチの感想SNS上の口コミと合わせてご紹介します。

 
Kすけ
情報も新しいものがお届けできるように、できるだけ更新しています。

ポストコーヒーを実際に使った感想や、他の人の口コミ・メリット・デメリットまでまとめてわかりますよ。

自分に合ったサブスクかどうかがわかるので、使う前の不安解消に、ぜひ参考にしてください。

 
Kすけ
個人的にはスキップ機能と豆の単品購入が助かりました。
  • ポストコーヒーを1年使ったがトラブルもなく大満足
  • スペシャルティの豆だけが届くので味に不満は一切なし
  • いろんな国のコーヒーを試してみたい方におすすめ
\あなたに合ったコーヒーが届く/
/ クーポンで初回500円引き \

クーポンコードはこちら
coffee-uqdkmf

ポストコーヒーの3つの特徴

ポストコーヒー初回便のお届け内容
※初回便の内容

最初にポストコーヒー定期便の概要を簡単に説明します。

概要や特徴の説明がいらない方は、以下のリンクでレビューまで飛ばせます。

ポストコーヒーの概要を飛ばす

ポストコーヒーの概要は以下の通りです。

概要
料金(税込)1,980円~
内容量225g(75g×3袋)~
1杯の値段(15g計算)132円
送料無料
お届け方法ポストに投函
お届け内容コーヒー豆3種類
折り畳み式ドリッパー(初回のみ)
コーヒーの淹れ方などの冊子
※2024年5月時点
カスタマイズ内容に応じて料金が変わります

ポストコーヒーは毎月違う銘柄のコーヒー豆が、ポストに届くサービスです。

日本サブスクリプションビジネス大賞2020で優秀賞を受賞するなど、コーヒー好きの間でも人気のサービスです。

24年2月6日にはサービス開始から4周年を迎え、なんと累計8万人を超えたそうです。

そんなポストコーヒーの定期便には3つの特徴があります。

  • コーヒー診断で自分の好みを把握できる
  • 国内外のロースターと提携し、扱う銘柄は年間200以上
  • カスタマイズで自分だけのコーヒーボックスが作れる
 
Kすけ
どれも他のショップではあまり見られない特徴です。

コーヒー診断で自分の好みを把握できる

ポストコーヒー独自の診断で利用者の好みを導き出し、専用のコーヒーボックスを作ってくれます。

診断は公式HP上で無料で行えて、利用者の好みのスイーツやライフスタイルなど、10数個の簡単な質問に答えるだけで完了します。

簡単な4択で質問される
※診断の様子

診断は何度でもできるので、「ちょっと違うな」と思ったらやり直すことも可能です。

 
Kすけ
深く悩まずに直感で答えてOKです。

診断結果は以下のように4つの項目で判定され、好みのタイプが表示されます。

焙煎度・酸味・コク・風味で診断される

後からマイページでタイプの変更や調整もできるので、気軽に試してみましょう。

国内外のロースターと提携し、扱う銘柄は年間200以上

日本・海外両方の人気ロースターと提携しているので、通常のコーヒーショップでは考えられない量の銘柄を扱うことが可能です。

その豊富な銘柄の中から、コーヒー診断の結果をもとにショップ側が選んだ利用者好みのコーヒーが届きます。

コーヒーのサブスクはたくさんありますが、1人1人に違う内容が届くサブスクはほとんどありません。

 
Kすけ
扱っている銘柄が多いからこそできるサービスですね。

カスタマイズで自分だけのコーヒーボックスが作れる

お届けされる内容はマイページからカスタマイズができます。

カスタマイズできる内容は以下の通り。

豆の状態・豆のまま
・中細挽き~粗挽き
・ドリップバッグ
1種類ごとの内容量・75g
・150g
・300g
豆の種類数・2種類(内容量75gを選んだ場合は選択不可)
・3種類
・6種類
お届け周期・月1回
・2週間に1回
デカフェの有無・なし
・デカフェも入れる
・デカフェのみ(豆の種類数を6種類で選んだ場合は選択不可)
※内容量・豆の種類数によって料金が変わります。

どれくらいの頻度でコーヒーを飲むのかで、自分に合った内容量・種類数・お届け周期が選べます。

カスタマイズ別の料金表を作りましたので、参考にしてみてください。

カスタマイズ別料金表(税込)豆の種類数内容量(合計:種類数×g数)料金1杯当たりの価格(10g換算)
ライトプラン3種類75g(225g)1,980円90円
ライトプラン+2種類150g(300g)2,640円88円
スタンダードプラン3種類150g(450g)3,880円86円
スタンダードプラン+2種類300g(600g)5,080円84円
バラエティープラン6種類75g(450g)3,980円88円
バラエティープラン+6種類150g(900g)7,680円85円
ファミリープラン3種類300g(900g)7,480円83円
ファミリープラン+6種類300g(1,800g)14,800円82円

※ドリップバッグを選んだ場合は料金が少し安くなります。
上記の表には当てはまらないのでご注意ください。

2024年5月には、新たにロースタリーコースも新設されました。

これまでは日本全国のロースタリーの豆と、ポストコーヒーが自社で焙煎している豆が両方送られてきていましたが、このロースタリーコースではロースタリーのスペシャルティコーヒー豆だけが送られてきます。

ただし、ロースタリーの指定はできないので、毎月ポストコーヒーがあなたの好みに合わせて選んだ豆が届きます。

 
Kすけ
どんな豆が届くか、毎月ワクワクしながら待ちましょう!

以下はカスタマイズ別の料金表です。

カスタマイズ別料金表(税込)豆の種類数内容量(合計:種類数×g数)料金1杯当たりの価格(10g換算)
ライトプラン3種類75g(225g)2,780円126円
スタンダードプラン3種類150g(450g)4,980円110円
ボリュームプラン3種類300g(900g)8,980円99円

※ドリップバッグを選んだ場合は料金が少し安くなります。
上記の表には当てはまらないのでご注意ください。

ロースタリーの豆は通常購入しようとしたらすぐ売り切れになってしまうので、毎月コンスタントにロースタリーの豆が手に入れられるのは、コーヒー好きにはたまりません。

ベーシックなコースよりプランが少なく、コストもアップしていますが、その分の価値はあるといえます。

\あなたに合ったコーヒーが届く/
/ クーポンで初回500円引き \
初回限定クーポンcoffee-uqdkmf

ポストコーヒーを利用した感想・レビュー

定期便を1年ほど利用して感じたことは以下の通りです。

  • いろんなコーヒーに出会えてコーヒーの世界観が広がる
  • 豆が足りないときは単品購入すれば問題なし
  • スキップ機能で豆余りに対処できる
  • ポスト投函なので受け取りの手間がなくて助かる
  • デカフェもおいしく、種類が豊富
 
Kすけ
使う前はお試し気分でしたが、使ってみたら便利すぎて辞められなくなりました。

スペシャルティコーヒー専門なので、味に不満は一切なし。

これといったトラブルもなかったので、基本的に大満足です。

いろんなコーヒーに出会えてコーヒーの世界観が広がる

ポストコーヒーではほんとにたくさんのコーヒーに出会えます。

特に海外ロースターの豆などは日本では買えないものもあるので、自分の中のコーヒーの世界観がどんどん広がります。

届く豆もスペシャルティクラスでおいしいので、おうちで楽しむコーヒーの満足度は爆上がりです。

 
Kすけ
自分だったら買わなかったかもしれない豆も届くので、幅広くコーヒーが楽しめます。

※スペシャルティコーヒーを簡単に説明すると、各国のスペシャルティコーヒー協会(日本では日本スペシャルティコーヒー協会)が定める基準に沿ってコーヒーの味見・評価をして、100点満点中80点以上をつけたものがスペシャルティコーヒーと呼ばれます。

これは日本のコーヒー全体としては約5%程度しかない、貴重で高品質なコーヒーです。

豆が足りないときは単品購入すれば問題なし

コーヒーがおいしいからといって飲みすぎると、次のお届けまで豆が足りないことがあります。

そんなときは単品での購入が便利です。

定期便を利用していれば、いちいち決済情報を入れなおす必要もなく、購入もスマートです。

 
Kすけ
しかも最短で翌日に届くので、急ぎのときでも安心です。

こちらは実際に単品で2つ購入したときの画像です。

注文した日の翌日夕方にポストに入っていました。

ポストコーヒー単品購入

スキップ機能で豆余りに対処できる

忙しい日が続くとゆっくりコーヒーを淹れる時間がとれず、豆が余ることもあります。

そんなときはスキップ機能を使いましょう。

決済予定日前日までに設定すれば、配送を飛ばして(スキップして)、豆余りを防げます。

 
Kすけ
当たり前ですが、スキップした分の料金は請求されません。

1回分か3回分のスキップが選べるので、必要になるタイミングに合わせて再開することも可能です。

「夏は暑いからドリップしない」「旅行でしばらく空けるからコーヒーはいらない」というときは、スキップ機能を使いましょう。

スキップ画面
※実際の選択画面
 
Kすけ
柔軟な対応ができるのもポストコーヒーのいいところですね。

受け取りの手間がなくて助かる

ポストコーヒーはお届けの際、ポストに入れておいてくれるので、基本的に受け取りは不要です。

仕事から帰ってきてポストに不在票が入っていると、ガックリきてしまうこともありますよね。

荷物の受け取りのために在宅する必要がないので、気兼ねなく外出できるのはけっこう大きいです。

 
Kすけ
「20時以降にお届け」のときとか、お風呂に入ってる間に来たらどうしようって考える必要はありません。

デカフェもおいしく、種類が豊富

ポストコーヒーではデカフェも売っています。

よく「デカフェはおいしくない」なんて言われますが、ポストコーヒーのデカフェは、デカフェと言われなければわからないクオリティです。

 
Kすけ
デカフェもスペシャルティクラスです。

種類も6~8種類ほどあり、他のショップでは見られないくらい豊富です。

同じデカフェを飲み続けて、飽きることもありません。

※2024年2月時点で4種類になっていました。

ですが、銘柄は入れ替わるので、複数の種類が楽しめて飽きないことには変わりありません。

\あなたに合ったコーヒーが届く/
/ クーポンで初回500円引き \
初回限定クーポンcoffee-uqdkmf

ポストコーヒーの口コミ・評判をご紹介

コーヒーでは特に味の感想が人によって分かれることがあります。

そのため、味わい以外の評価についても調査しました。

 
Kすけ
主にSNSの口コミをまとめました。

代表的な口コミは以下の通りです。

いい評価悪い評価
おいしいメール配信が止まらない
お届け時の箱のデザインが良い前回と同じ豆が届いた
香りが明らかに違う街の焙煎所より値段が高い
豆が新鮮風味が薄い
ないと生きていけない焙煎が古い

悪い口コミ・評価

悪い評価の口コミには以下のようなものがありました。

どの口コミも、1年利用した中では感じたことのないものです。

  • メール配信が止まらない
  • 前回と同じ豆が届いた
  • 街の焙煎所より値段が高い
  • 風味が薄い
  • 焙煎が古い

風味は器具や淹れ方によって大きく変わるので、あくまで参考程度ですね。

メール配信が止まらないという声や、前回と同じ豆が届いたという声がありました。

どちらもシステムの問題でまれに発生してしまうようです。

 
Kすけ
公式の問い合わせフォームに連絡すれば対応してもらえます。

また、焙煎が古いといった声も。

一概には言えませんが、コーヒー豆は焙煎したてよりも、少し時間をおいた方がおいしくなると言われています。

1ヶ月以内に飲み切れるようであれば、問題はないように思います。

 
Kすけ
一般的に3日~1ヶ月くらいまでが、おいしく飲めるタイミングと言われていますよ。
実際の悪い口コミを確認する

いい口コミ・評価

いい評価は概ね以下のような内容でした。

こちらに関しては納得のいく口コミがほとんどです。

  • おいしい
  • お届け時の箱のデザインが良い
  • 香りが明らかに違う
  • 豆が新鮮
  • ないと生きていけない

おいしいという感想の他、毎月変わる箱のデザインが好きという声も多数ありました。

個人的にもポストを開けたときにカラフルな箱が目に入ると、ウキウキしています。

 
Kすけ
季節のイメージに合わせたカラーになることが多いんですよね。

また、複数年利用するほど、ポストコーヒー沼にどっぷり浸かっている方もいるようです。

 
Kすけ
手軽だしおいしいしで、マジで沼です。
実際のいい口コミを確認する
\あなたに合ったコーヒーが届く/
/ クーポンで初回500円引き \
初回限定クーポンcoffee-uqdkmf

ポストコーヒーのメリットとデメリット

ポストコーヒーの赤い箱の画像

ポストコーヒーのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
厳選されたスペシャルティコーヒーが届く値段が高い
バリエーションが豊富で飽きない自分で豆を選べない
300円OFFクーポンでお得に個別購入可量が多いと宅急便で届く
解約縛りなし
初回限定でドリッパーがもらえる
ショップでは販売してしない豆が買える

メリットばかりに目が行きがちですが、デメリットもよく知ったうえで検討してくださいね。

詳細を飛ばしたい方は以下のボタンを押して飛ばしてください。

メリット・デメリットの詳細を飛ばす

デメリット①値段が高い

ポストコーヒーではコーヒー1杯に対して豆は15g使うことを推奨しています。

スタンダードなプランの場合、225gで15杯分なので1杯132円です。

 
Kすけ
1杯132円は高級な部類です。

ですが、使う豆の量を変えれば、淹れられる杯数も変わります。

一般的にコーヒー豆の使用量は1杯に10~15gと言われますので、豆10gの使用なら約22杯淹れられます。

1,980円で22杯なら、1杯約90円ですね。

 
Kすけ
1杯90円なら他のコーヒーサブスクと比較しても高くないです。

デメリット②自分で豆を選べない

ポストコーヒーは豆の選択を「ショップにお任せ」している状態です。

どんな豆が届くかは、届いてみないとわかりません。

それがポストコーヒーの醍醐味の1つでもありますが、中にはあまり冒険したくない方もいるでしょう。

そんなときは、マイページで冒険度を変更しましょう。

画面上部にスライドバーがあり、バーを左に動かすと冒険度を安定に変更できる

スライドバーを動かせば冒険度が変更できるので、届くコーヒーの幅を狭めることが可能です。

自分の好みのコーヒーだけを楽しみたい方は、冒険度を調整してみてください。

 
Kすけ
豆は個別購入もできるので、定期便では冒険しつつ、個別購入で好きな物を買う方法もありますよ。

デメリット③量が多いと宅急便で届く

基本的にはポスト投函してくれますが、カスタマイズでお届けの量を増やしたときや、単品購入で物量が多いときのお届けは宅急便です。

ポストコーヒーはポストに届くのが特徴なのに、受け取りの手間が発生してしまいます。

 
Kすけ
メール便などは大きさが決まってますから、しょうがないですね…。

わたしの場合はヤマト運輸さんでしたので、ヤマトさんをラインでお友達登録してお届け日時を指定することで、1回で受け取ることができました。

こちらは単品購入したときに実際に届いた箱です。

アイフォンを並べると、かなり大きい箱だということがわかります。

たしかにこのサイズではメール便は送れません。

購入したのは豆150g×2とペーパーフィルターです。

この内容であれば、クーポンを上手く使って金額を2千円くらいに抑えられます。

単品購入は金額2千円で送料無料になるので、受け取りが必要なのは少し手間ですが、まとめ買いする価値がありますね。

メリット①厳選されたスペシャルティコーヒーが届く

ポストコーヒーで扱っている豆は高品質のスペシャルティコーヒーです。

街のコーヒーショップは当たりはずれも多い中、どの豆でも欠点豆が少なく、雑味もなくておいしいのは嬉しいですね。

 
Kすけ
浅煎りも深煎りもそれぞれの個性がよく出ています。

メリット②バリエーションが豊富で飽きない

特徴でお話した内容と重なりますが、ポストコーヒーが取り扱う銘柄は年間200種類以上です。

これだけあると、届く豆もほとんど被らないのでおうちでのコーヒータイムに飽きません。

また、いろんな風味に出会うことで、自分の中のコーヒー観が広がっていくのもポストコーヒーならではです。

 
Kすけ
毎月なにが届くかワクワクしながら待ってます!

メリット③300円OFFクーポンでお得に買える

定期便を利用していると、ボックスが届くごとにクーポンがもらえます。

豆を単品で買うときに使えるので、豆が足りなくなったときや、買いたい豆があるときに300円引きで購入可能です。

1つの商品に対してクーポンが1つ使えるので、まとめ買いのときもお得に買い物ができます。

 
Kすけ
2千円以上買えば送料無料なので、1,300円の豆2つでギリギリ送料無料を狙えます。

メリット④回数の縛りはなし

ポストコーヒーの定期便には「〇回利用しないと解約できない」といった縛りはありません。

試してみて、もし合わなければ1回きりということが可能です。

解約金もありませんので、安心して「お試し」ができます。

 
Kすけ
ここまで融通の利くサブスクも珍しいです。

手順も簡単で、

  • ログインして
  • 「定期便の解約」画面で
  • 「定期便を解約する」を押す

これだけです。

やろうと思えば10秒で解約できるので、安心して利用できます。

なお、解約の手順は以下の記事で詳しくまとめています。

関連記事:ポストコーヒーの解約方法を詳しく解説

メリット⑤初回限定でドリッパーがもらえる

ポストコーヒーは最初のお届けのときだけ、組み立て式のドリッパーが付属します。

ですので、ドリッパーを持っていない方でも、気兼ねなく始められます。

 
Kすけ
組み立ても簡単なので、すぐに使えますよ。
3つのピースのでっぱりを、それぞれの穴に差し込めば組み立てられる

実際に使ってみましたが、全く問題なくコーヒーが抽出できます。

組み立て式でコンパクトになるので、アウトドアにも持っていけそうですね。

メリット⑥ショップでは販売してしない豆が買える

ショップでは販売していない豆でも、ポストコーヒーで買えることがあります。

以下の画面はポストコーヒーのとある豆の商品情報ページです。

【豆情報】の下に、「実店舗では販売していないPost Coffeeでしか飲めないコーヒーです。」と記載されています。

実店舗では買えない豆が買えるのは、ポストコーヒーならではですね。

 
Kすけ
好きなショップの限定豆が買える可能性もあります。
\あなたに合ったコーヒーが届く/
/ クーポンで初回500円引き \
初回限定クーポンcoffee-uqdkmf

他のサブスク・定期便との比較

他のショップのコーヒー定期便と比較しました。

正直ネットのサブスクならどこのショップもおいしいのは当たり前なので、価格と特徴を比較します。

1杯当たりの値段は豆10gでの計算です。

商品値段(税込)内容量1杯の値段豆の種類スキップ解約縛り特徴
ポストコーヒー1,980円225g

約90円

選べない

可能

なし

独自のコーヒー診断で毎回違う豆が届く

珈琲きゃろっと4,570円400g約115円選べない可能あり焙煎士は様々な賞の受賞歴有りで高品質
土居珈琲5,076円600g約85円選べない可能あり焙煎の丁寧さがわかる高品質なコーヒー
ブルーボトルコーヒー4,158円400g約104円選べる可能旬のコーヒー豆を世界中から買い付け
ROKUMEI COFFEE3,780円500g約76円ブレンドかおすすめかを選択最高品質のスペシャルティコーヒーのみ
COFFEE DE SAISON2,480円200g約124円選べない不可あり月替わりでブレンドが届く

比較すると、ポストコーヒーの値段はコーヒーサブスクの中では高くないということがわかります。

他のショップとの大きな違いは、コーヒー診断によって1人1人に違うコーヒーが届くということです。

色んなコーヒーに出会える、そしてBOXを開ける瞬間のワクワク感がポストコーヒーの醍醐味ですね。

 
Kすけ
解約縛りがなくてお試ししやすいのも他ショップとの違いです。

まとめ~ポストコーヒーは手軽に色んなコーヒーを楽しみたい人向け~

ポストコーヒーはこんな方におすすめです。

  • 毎月の注文や受け取りの手間を省きたい人

  • いろんな国やショップのコーヒーが飲みたい人

  • 気軽にコーヒーのサブスクを試してみたい人

定期便は最初の設定さえしてしまえば、あとは毎月自動で豆が届きます。

受け取りのために在宅する必要もなく、手軽に利用できる定期便です。

 
Kすけ
仕事から帰ってきて、不在票を見ながら再配達を依頼する手間はなくなります。

いろんな国やショップのコーヒーが届くので、同じコーヒーを飲み続けて飽きることはありません。

解約の縛りもないので、試してみて「合わないな」と思ったらすぐに辞められます。

 
Kすけ
解約も簡単なので、初めてのサブスクでも安心です。

正直わたしはポストコーヒーを使い始めてから、コーヒーの世界観が変わりました。

それまでは近所のショップでしか豆を買ったことがなく、漠然と「コーヒーってちょっと面白いかも」としか思っていませんでした。

 
Kすけ
そのショップもおいしくないわけではなかったんですよ?

そんな中、「世の中にはこんなにたくさん知らないコーヒーがある」と気付かせてくれたのがポストコーヒーです。

今では毎月「今回はどんなコーヒーと出会えるかな」とコーヒーボックスが届くのを楽しみにしています。

こんな経験は他ではなかなかできないですよね。

購入手順は以下の記事でお得なクーポンの使い方と合わせて画像付きで解説していますので、ぜひご覧ください。

【最新版】割引クーポンを使ってポストコーヒーをお得に始める方法

なお、以前は初回が500円で購入できるクーポンでしたが、今は500円引きクーポンになってしまいました。

この500円引きもいつまで続くかはわかりません。

迷っているなら早めに試してみることをおすすめします。

\あなたに合ったコーヒーが届く/
/ クーポンで初回500円引き \
coffee-uqdkmf
Post Coffee公式サイトへ
imperfect表参道
今注目のコーヒーショップがサブスクを始めました。
コーヒーの質の高さだけでなく、世界の社会課題の解決に注力していることが多くのメディアに取り上げられるimperfect表参道。
初回500円で楽しめるお得なサブスクで、気軽に社会貢献してみませんか?