【水出しじゃない】氷出しコーヒーの作り方を解説

※この記事にはプロモーションが含まれています。

 
ネコさん
氷出しコーヒーってなに?
どうやって作るの?

「氷出しコーヒー」ってご存じですか?

水出しコーヒーなら知っている、という人は多いかもしれませんね。

この記事では、氷出しコーヒーとは一体どんなコーヒーなのか、どうやって作るのかを解説します。

 
Kすけ
風味は安定しませんが、一期一会の味が楽しめるのでオススメですよ。
  • 氷出しコーヒーはまろっと濃厚でおいしいコーヒーが作れる
  • 味わいが安定しないのも魅力

当ブログおすすめのコーヒー

imperfect表参道:初回700円で縛りなしの優良サブスク!

レビュー記事はこちら

Post Coffee:自分好みのコーヒーが毎月届く!※初回500円引きクーポンあり

レビュー記事はこちら

珈琲きゃろっと:超高品質のコーヒーが1杯53円から!

レビュー記事はこちら

 

氷出しコーヒーは氷が溶けたときの水で抽出する方法

通常コーヒーのハンドドリップはお湯を注いで抽出します。

氷出しコーヒーはその抽出作業をお湯ではなく氷で行うというものです。

抽出の方法は簡単で、ドリッパーにセットしたコーヒー粉の上に大量の氷を置いておくだけ

あとは放っておけば、時間の経過によって溶けた氷の水滴が、コーヒー液を抽出してくれます。

時間をかけてじっくりと抽出しますので、濃厚ですがすっきりとした味わいになります。

氷出しコーヒーの作り方

氷出しコーヒーの作り方を解説します。

使う器具

抽出に必要な器具は以下の通りです。

  • ドリッパー
  • フィルター
  • コーヒーサーバー
  • ドリップポット
  • コーヒー粉

普段からハンドドリップをされる方であれば、特筆するような器具はありませんね。

好みにもよりますが、個人的にはコーヒー粉は中深煎りから深煎りの豆を使うのが好みです。

浅煎りの豆を使うと味が薄くぼけてしまい、時間をかけた割に残念な味になった気がしました。

 
Kすけ
わたしもまだまだ研究不足です。

抽出手順とレシピ

手順は以下の通りです。

  1. サーバーにドリッパーを乗せる
  2. ドリッパーにフィルターをセットする
  3. セットしたフィルターにコーヒー粉を入れる
  4. お湯(水)をかけて蒸らす(蒸らさなくてもOK)
  5. コーヒー粉の上に氷を乗せる
  6. 氷が溶けるまで放置

わたしのレシピではコーヒー粉40g、蒸らしのお湯70ml、氷は200g乗せます。出来上がり量は250mlくらいを想定しています。

本当はもう少し乗せたいんですが、うちのドリッパーでは物理的に限界です。なので、乗せられるだけでOKです。

また、蒸らしはしなくてもOKと書きましたが、できるだけ濃いめに抽出したいときは、蒸らした方が味が出やすくなります。

 
Kすけ
味が薄いときは、蒸らしをするか、粉の粒度を細かくするか、粉の量を増やして調節してください。

コーヒー粉を入れたら氷を乗せていきます。

氷は砕いてもそのままでも、どっちでもいいです。

氷を乗せている

氷をもりもり乗せていきます。

氷を限界まで積み上げ

横から見るとこんな感じ。

積み上げた氷を横から見た

抽出完了!

とろーりおいしいコーヒーができあがりました。

抽出完了

人によっては蒸らしをせずに、最初から氷を乗せることもあるようです。

ちなみに抽出の世界チャンピオン 粕谷さんのレシピでは粉50g、氷500g(限界まで)、水100mlとのこと。

4:6メソッドの本にレシピが記載されています。

氷出しコーヒーの良い点・メリット

氷出しコーヒーのメリットは以下の通りです。

  • 抽出に手間がかからない
  • お湯を大量に沸かさなくてよい

順番に解説します。

抽出に手間がかからない

コーヒー粉の上に氷を置いて、放っておくだけで抽出できます。

手間はほとんどかかりません。

手間はないのに、おいしいコーヒーが楽しめます。

お湯を大量に沸かさなくてよい

冷たいコーヒーが飲みたくなるような暑い日に、大量のお湯を沸かしたくないですよね。

氷出しコーヒーの抽出にはほとんど(人によっては一切)お湯を使いません。

 
Kすけ
ほとんどお湯を沸かす必要がないことは大きなメリットです。

余談ですが、夏に奥様から何を食べるか聞かれた時に「簡単にそうめんでいいよ」という発言は控えましょう。

上記と同じ理由で奥様のお怒りを買うことになります。

氷出しコーヒーの悪い点・デメリット

デメリットは以下の通り。

  • ドリップした感がない
  • 味の再現性が低い
  • 抽出に時間がかかる

あんまりデメリットでもないですが、解説します。

ドリップした感がない

ほったらかし抽出ですので、自分でコーヒーを淹れた感がほとんどないのが欠点です。

ハンドドリップを好む方は、抽出の手間・時間など含めて楽しんでいることが多いです。

置いておくだけ、という抽出では楽しみが少ないと感じる方もいるでしょう。

味の再現性が低い

溶けた氷がコーヒー粉に当たるところ・当たらないところの差があるので、抽出にムラがでます。

安定を求める方にとってはデメリットですが、毎回変わるその味わいを一期一会として楽しみましょう。

抽出に時間がかかる

室温や作る量にもよりますが、1~2杯分を抽出するのに4~8時間程度かかります。

飲みたい時間に合わせて事前に準備しておく必要があります

裏を返せば夜のうちにセットしておけば、朝に飲むコーヒーを確保できます。

朝からすっきりおいしいコーヒーを楽しみましょう。

氷出しコーヒーと似たようなコーヒー

氷出しコーヒーと同じように、ほったらかして作るコーヒーを2つご紹介します。

  • 水出しコーヒー
  • 氷コーヒー

水出しコーヒー

字面は似ていますが、「点」がないのが水出しコーヒー。

お湯を使わずほったらかし、という意味では氷出しコーヒーと一緒ですが、当然ながら水出しコーヒーでは氷ではなく水を使います

他に「コールドブリュー」「ダッチコーヒー」というものもありますが、これらはすべて同じもので水出しコーヒーのことです。

水出しコーヒーについての記事は下記に貼っておきますので、興味があればみてみてください。

関連記事:水出しコーヒーの作り方

氷コーヒー

氷出しコーヒーや水出しコーヒーと違い、こちらはお湯を使います。

氷コーヒーではまずお湯で普通にコーヒーを抽出し、出来上がったコーヒーを氷にします。

氷にしたコーヒーをグラスに入れ、そこにミルクを注ぐことで、少しずつコーヒー味の氷が溶けていきます。

味の変化を味わえます。

最初はほとんどミルクの味しかしないのが難点ですね。

関連記事:氷コーヒーの作り方

まとめ~氷出しコーヒーで一期一会を楽しもう~

氷出しコーヒーは通常のハンドドリップコーヒーとは違い、氷が溶けた時の水滴でコーヒー液を抽出するコーヒーです。

氷を置いたらあとは放っておいてもいいので、手間がかからないのがメリットです。

氷が溶けるのにとても時間がかかりますが、夜にセットして翌朝飲む、というようにすれば、時間がかかることも気になりませんね

また、デカフェ豆を使って朝のうちにセットしておけば、夜には冷たいデカフェを飲むこともできます。

関連記事:デカフェ好きが選ぶデカフェ豆7選

暑い日はアイスコーヒーを飲みたくなりますが、たまには違う風味を感じるのもよいのではないでしょうか。

氷出しコーヒーは手間がかからずとても簡単ですので、ぜひやってみてくださいね。

imperfect表参道
今注目のコーヒーショップがサブスクを始めました。
コーヒーの質の高さだけでなく、世界の社会課題の解決に注力していることが多くのメディアに取り上げられるimperfect表参道。
初回500円で楽しめるお得なサブスクで、気軽に社会貢献してみませんか?