【誰でも簡単】水出しコーヒーの作り方!コールドブリューとの違いは?

 
ネコさん
暑すぎるからアイスコーヒー作りたい。
簡単にできる方法はないかな。

うだるような暑さ中、ホットコーヒーを飲みたい人は少数派です。

多くの人はキンキンに冷えたアイスコーヒーが飲みたくなりますが、冷蔵庫にストックが無い場合、自分でコーヒーを作らなくてはいけません。

 
Kすけ
あっつい日にお湯を沸かすのは苦痛です。

そんな時は、お湯を沸かす必要のない、水出しのコーヒーがおすすめです。

この記事では、水出しコーヒーの抽出方法について説明します。

手軽においしい水出しコーヒーを作って、暑い夏を乗り切りましょう。

  • 水出しコーヒーとコールドブリューは同じ
  • 水出しコーヒーはほったらかしで抽出できるので忙しい人にもおすすめ

当ブログおすすめのコーヒー

imperfect表参道:初回700円で縛りなしの優良サブスク!

レビュー記事はこちら

Post Coffee:自分好みのコーヒーが毎月届く!※初回500円引きクーポンあり

レビュー記事はこちら

珈琲きゃろっと:超高品質のコーヒーが1杯53円から!

レビュー記事はこちら

 

水出しコーヒーとは水で抽出するコーヒーのこと

水出しコーヒーは、抽出のときにお湯ではなく水を使って抽出するコーヒーのこと。

熱を使わずに長時間かけて抽出しますので、雑味や苦味が出にくく、さっぱりした味わいになるのが特徴です。

コールドブリューと水出しコーヒーは同じ

コールドブリューと水出しコーヒーと同じものです。

名前の意味としては、コールド(cold:冷たい)ブリュー(brew:~を淹れる)となります。

また、ダッチコーヒー(Dutchcoffee)と呼ばれることもあります。
ダッチコーヒーはオランダ人が開発した方法で抽出したコーヒーのことですが、要はすべて同じ「水出しコーヒー」のことです。

 
Kすけ
どこの国の言葉かって話ですね。

誰でも簡単!水出しコーヒーの作り方

水出しコーヒーの作り方はいくつかありますが、ここでは一番簡単・手軽な方法をご紹介します。

必要な器具は4つ

  • コーヒー粉
  • コーヒーサーバー
  • お茶用のパック

粉は深煎りと浅煎り、どちらを使っても大丈夫です。

あっさりした酸味系のコーヒーが飲みたいなら浅煎り、苦みを楽しみたいなら深煎りを使いましょう。

サーバーは麦茶を作るような入れ物でもOK。

コーヒー粉と水を入れておけるものならなんでもよいです。

 
Kすけ
手軽に作れるのが水出しコーヒーのいいところですね。

水は水道水でかまいませんが、味や口当たりを変えたいと思ったら、軟水・硬水を変えてみるなど、いろんなミネラルウォーターで試してみてください。

手順・レシピ

水出しコーヒーの作り方、手順について説明します。

  1. コーヒー粉をお茶用パックに入れる
  2. コーヒーサーバーに水を入れる
  3. コーヒー粉を入れたお茶用パックをサーバーに入れる
  4. サーバーを冷蔵庫に入れて待つ

コーヒー粉と水の割り合いは1:10くらいから始めましょう。

抽出の時間は8~12時間の間でおいてみてください。

味が薄い・濃いと思ったら、コーヒー粉と水の割り合いを変えてみたり、抽出の時間を変えてみるといいでしょう。

 
Kすけ
自分にとっておいしいと思えるところを見つけるのも、コーヒーを淹れる楽しみですよね。

水出しコーヒーのメリット

水出しコーヒーのメリットは以下の通りです。

  • お湯を沸かす必要がない
  • ほったらかしで抽出できる

水出しコーヒーは一切お湯を沸かす必要がありません。

お茶パックに入れたコーヒー粉を水に浸けておくだけなので、簡単手軽に作ることが可能です。

ただ、濃い味のコーヒーを作りたいときに、最初にお湯で蒸らしてから作る方法もあります。

好みの問題ではありますが、普通に作る分にはお湯は使わなくてよいので、気軽に作れるのはメリットといえるでしょう。

 
Kすけ
暑い日にお湯を沸かす必要がないのはメリットです。

水出しコーヒーのデメリット

デメリットはこんな感じ。

  • 時間がかかる
  • 粉の使用量が多い

お湯を使わずにドリップを行うため、コーヒーの成分が水に溶けだすまでに時間がかかります。
抽出する量や好みにもよりますが、ちゃんと風味を出そうと思うと8~12時間くらい必要です。

また、お湯で抽出するときよりも成分が出にくいため、粉を多めに使わなくてはいけないことも、デメリットといえます。

似たようなコーヒー

水出しコーヒーのように、冷たいコーヒーが楽しめる方法をご紹介します。

  • 氷出しコーヒー
  • 氷コーヒー

氷出しコーヒー

氷出しコーヒーは文字通り氷を使って抽出します。

氷の溶け具合によって味が変わるため、毎回同じ味にならず、一期一会の風味が楽しめるのが特徴です。

こちらもお湯はほとんど使わず、時間がかかるという点では水出しコーヒーと同じです。

関連記事:氷出しコーヒーの作り方

氷コーヒー

水出しコーヒーと違い、お湯を使って抽出するのが氷コーヒーです。

お湯を使って抽出したコーヒーを凍らせてグラスに入れ、そこにミルクを注ぐことで、少しずつコーヒー味の氷が溶けていきます。

凍らせたコーヒーが溶けていくことで、時間とともに味の変化を楽しめるのが特徴です。

関連記事:氷コーヒーの作り方

まとめ

水出しコーヒーはハンドドリップコーヒーとは違い、お湯ではなく水を使ってコーヒーを抽出します。

暑い日にお湯を沸かそうとするとなかなか身体が動きません。
水出しのコーヒーならお湯を沸かす必要が一切ありませんので、気にすることはありませんね。

そして、抽出の準備さえしてしまえば放っておけるのが水出しコーヒーの魅力です。
家事や仕事が忙しかったりすると、なかなかハンドドリップする時間がなかったりしますよね。
水出しコーヒーはコーヒー粉を麦茶パックに入れて、水と一緒にサーバーに入れておけば、数時間後にはおいしいコーヒーができあがっています。

寝る前にセットしておけば、翌朝にはさっぱりとした味わいのコーヒーが出来上がっているなんて、お手軽だし時短もできて素晴らしい発明(?)ですね。

粉と水の分量、抽出の時間、使う豆の焙煎度など、選択肢は無限大です。
自分にとっておいしいと思えるコーヒーが正解ですので、いろいろ試してみてください。

また、最近では水出しコーヒー用のパックなども売っています。
自分で作ったものと飲み比べしてみるのも、楽しいかもしれません。

それでは楽しいコーヒーライフをお過ごしください。

imperfect表参道
今注目のコーヒーショップがサブスクを始めました。
コーヒーの質の高さだけでなく、世界の社会課題の解決に注力していることが多くのメディアに取り上げられるimperfect表参道。
初回500円で楽しめるお得なサブスクで、気軽に社会貢献してみませんか?