【薄いだけじゃないんです】意外と知らないアメリカンコーヒー【アメリカーノとは違うよ】

こんにちは
コーヒーとスイーツを愛するブロガーKすけ(@desertandcafe)です。

喫茶店に行くと、レギュラー・ブレンドと並んでメニューに書いてあることの多い【アメリカンコーヒー】。

何気なく注文されていることも多いと思いますが、そもそもアメリカンコーヒーとはどんなコーヒーなのでしょうか?

また、似たようなコーヒーにアメリカーノというものもありますよね。

今回はアメリカンコーヒーについてと、アメリカーノとの違いについてお話ししたいと思います。

ちなみにこの記事の結論はこんな感じです。

  • アメリカンコーヒーとは浅煎りのコーヒー豆を使い、多めのお湯で抽出したコーヒーのこと
  • アメリカンコーヒーは和製英語
  • カフェイン量が少ない とは言い切れない
  • アメリカーノとは淹れ方が違う

アメリカンコーヒーとは?

アメリカンコーヒーの定義

アメリカンコーヒーとは、シナモンローストやミディアムローストくらいの浅煎りのコーヒー豆を使い、多めのお湯で抽出したコーヒーのことを言います。

浅煎りの豆を使っていますので、味わいとしてはどちらかというと酸味が勝ち気味です。
ですが、多めのお湯で抽出している分、酸っぱいというほどではなく、飲みやすい味わいとなります。

かつては普通に淹れた深煎りコーヒーをお湯で薄めて【アメリカンコーヒー】としていたこともありますが、表現としては正確ではありません。

これが現代において、【アメリカンコーヒー】が濃度の薄いコーヒーという認識を持たれている要因かと思います。

ちなみに【アメリカンコーヒー】というのは和製英語ですので、アメリカでは通じません。

アメリカではいわゆるシアトル系といわれる濃いめのコーヒーの方が人気がありますので、もし薄目のコーヒーを飲みたい時にはweak(弱い)coffeeと注文しましょう。

アメリカンコーヒーの起源

起源については、

・かつて深煎りが主流だった日本のコーヒーを、何杯でも飲めるようにとコーヒー豆を少な目にして、大きめのカップに抽出して浅煎りコーヒーに見立てた説
・第二次世界大戦中、物資不足により、コーヒー豆の節約のために考案された説

など、いくつか説がありますが、残念ながら決定的なものはありません。

以前はアメリカでは薄目のコーヒーが好まれていたので、【アメリカ式】のコーヒーを取り入れるにあたって、【アメリカンコーヒー】としたのかもしれませんね^^;

カフェイン量が少ない?

さっぱりした味わいから、アメリカンコーヒーはカフェイン量が少ないと思われている方もいるかもしれませんが、実はそうとも言い切れないんです。

コーヒー豆の焙煎を進めると豆の内部の水分が蒸発し、豆自体が膨らむので、豆は焙煎前と比べると軽く、大きくなります。

そのため浅煎りコーヒー豆と深煎りコーヒー豆で同じスプーンを使って計量した場合、深煎りの方が軽く、豆の数としては少なくなりますので、カフェインの量としては豆の絶対数が少ない深煎りの方が少なくなります。

計量スプーンで量った場合のカフェイン量
浅煎り>深煎り

ではコーヒー豆を重さで量った場合はどうでしょうか。

コーヒー豆を焙煎すると水分と共にカフェインも多少なり昇華されます。

しかし、豆自体が軽くなっていますので、浅煎りの豆と深煎りの豆を同じグラム数にした場合、深煎り豆の方が豆の絶対数が多くなり、結果として抽出されるカフェインの量としては浅煎りの豆とあまり変わらなくなるのです。

重量で量った場合のカフェイン量
浅煎り≒深煎り

アメリカンコーヒーは味わいがさっぱりしていますので、ついつい飲みすぎてしまうこともありますが、カフェイン量が少ないということはありませんので、カフェイン中毒や依存症には注意しなくてはいけませんね^^;

カフェインの過剰摂取による影響についてはこちらの記事をご覧ください。

アメリカーノとの違い

アメリカンコーヒーと似たような名前のコーヒーに、カフェ・アメリカーノというものがあります。
あまり聞いたことはないかもしれませんね^^;

アメリカンコーヒーと名前は似ていますが、実は作り方が違います。

アメリカンコーヒーが浅煎りのコーヒー豆を多めのお湯で抽出するのに対して、カフェ・アメリカーノはエスプレッソをお湯割りにします。

エスプレッソの抽出には深煎りから極深煎りの豆を使いますので、そのまま飲むと強い苦味とコクを感じますが、カフェ・アメリカーノではそれをお湯で割るのでエスプレッソの風味を残しつつも、飲みやすい味わいになります。

もしカフェ・アメリカーノが気になった方は、スタバやタリーズなどではレギュラーメニューとして提供されていますので、一度頼んでみてはいかがでしょう(^^)

まとめ~あっさりしたのを飲みたければアメリカンコーヒー でも飲みすぎには注意~

まとめいきましょう。

アメリカンコーヒーは浅煎りのコーヒー豆を使用して、多めのお湯で抽出したコーヒーのことです。
普通に淹れたコーヒーをお湯割りにしたものとは違います。

また、アメリカンコーヒーは和製英語ですので、アメリカでは通じません。
現地で注文して言葉が通じずに、店員さんと一緒に「???」とならないように気を付けたいですね^^;

アメリカンコーヒーは味わいがあっさりしているので、カフェイン量が少ないと思っている方もいるかもしれませんが、そうとは言い切れません。

コーヒー豆は焙煎を深くするほどに、軽く、大きく(膨張)なります。
その過程でカフェインも多少は減っていきますが、豆一粒に含まれる量としてはさほど差がありません。

そのため、コーヒー豆を体積で量ると、焙煎が進んで膨張している分、深煎り豆の絶対数が少なくなり、浅煎りの豆よりもカフェイン量は少なくなりますが、重量で量った場合、豆の絶対数は浅煎りと深煎りで差があまりでませんので、カフェインの量としてはそんなに大きく変わらなくなります。

計量スプーンで量った場合のカフェイン量
浅煎り>深煎り

重量で量った場合のカフェイン量
浅煎り≒深煎り

飲みやすいからといって大量に摂取すると、カフェインによって身体に悪影響を及ぼしてしまうかもしれませんので、飲み方には十分ご注意ください。

アメリカンにせよアメリカーノにせよ、どういったものなのかを知って、健康に楽しくコーヒータイムを過ごせるといいですね(^^)

参考
アメリカン・コーヒー – Wikipedia
アメリカーノ (コーヒー) – Wikipedia