【薄いだけ?】意外と知らないアメリカンコーヒー【アメリカーノとの違い】

こんにちは
コーヒーとスイーツを愛するブロガーKすけ(@desertandcafe)です。

 
ネコさん
アメリカンコーヒーってなに?
ただ薄いコーヒーじゃないの?

喫茶店に行くと、レギュラー・ブレンドと並んでメニューにあることの多いアメリカンコーヒー。

何気なく注文されている方も多いと思いますが、そもそもアメリカンコーヒーとはどんなコーヒーなのでしょうか?

 
Kすけ
わたしもよく知らずに注文していました。

また、似たような名前のコーヒーにアメリカーノというものもあります。

アメリカンコーヒーだと思って注文したら、全然違うものが出てきた、なんて経験もあるかもしれませんね。

そんな恥ずかしい目に合わないように、今回はアメリカンコーヒーについてと、アメリカーノとの違いについて、解説します。

  • アメリカンコーヒーは浅煎りコーヒーをお湯で割ったもの
  • カフェイン量は少なくない
  • アメリカーノとは作り方が違う

当ブログおすすめのコーヒー

imperfect表参道:初回700円で縛りなしの優良サブスク!

レビュー記事はこちら

Post Coffee:自分好みのコーヒーが毎月届く!※初回500円引きクーポンあり

レビュー記事はこちら

珈琲きゃろっと:超高品質のコーヒーが1杯53円から!

レビュー記事はこちら

 

アメリカンコーヒーは薄いだけのコーヒーではない

アメリカンコーヒーの定義

アメリカンコーヒーとは、シナモンローストやミディアムローストくらいの浅煎りのコーヒー豆を使って、多めのお湯で抽出したコーヒーを指します。

浅煎りの豆を使っていますので、味わいとしてはどちらかというと酸味が勝ち気味です。

ですが、多めのお湯で抽出している分、飲みやすい味わいとなります。

 
Kすけ
酸っぱいというほどではありません。

薄いコーヒーと思われている理由

かつては深煎りコーヒーをお湯で薄めて「アメリカンコーヒー」としていたこともあります。

ですが、これは表現としては正確ではありません。

これが現代において、アメリカンコーヒーが「味の薄いコーヒー」という認識を持たれている要因かと思います。

 
Kすけ
お店によってはただ薄めただけのコーヒーが出てくる可能性もあります。

アメリカンコーヒーは和製英語

アメリカンコーヒーは和製英語です。

アメリカに行って「アメリカンコーヒー」を頼んでも、「?」となるだけです。

アメリカではいわゆるシアトル系といわれる濃いめのコーヒーの方が人気があるようなので、薄目のコーヒーを飲みたいときは、「weak(弱い)coffee」と注文しましょう。

 
Kすけ
ストロングコーヒーって言えば、深煎り目の濃いコーヒーが出てきます。

アメリカンコーヒーの起源は諸説あり

起源については諸説あります。

  • かつて深煎りが主流だった日本のコーヒーを、何杯でも飲めるようにとコーヒー豆を少な目にして、大きめのカップに抽出して浅煎りコーヒーに見立てた説
  • 第二次世界大戦中、物資不足により、コーヒー豆の節約のために考案された説

などなど。

 
Kすけ
残念ながら決定的なものはありません。

かつてアメリカでは薄味のコーヒーが好まれていたので、アメリカ式のコーヒーを取り入れるにあたって、「アメリカンコーヒー」としたのかもしれませんね。

カフェイン量は少なくない

さっぱりした味わいから、アメリカンコーヒーはカフェイン量が少ないと思っている方もいるかもしれませんが、そうとも言い切れません。

コーヒー豆の焙煎を進めると豆の内部の水分が蒸発し、豆自体が膨らむので、豆は焙煎前と比べると軽く、大きくなります。

そのため浅煎りと深煎りのコーヒー豆をそれぞれ同じ計量スプーンで計量した場合、深煎りの方が軽く、豆の数は少なくなります。

 
Kすけ
カフェインの量としては豆の絶対数が少ない深煎りの方が少なくなりますね。

計量スプーンで量った場合のカフェイン量
浅煎り>深煎り

ではコーヒー豆を重さで量った場合はどうでしょうか。

コーヒー豆を焙煎すると水分と共にカフェインも多少なり昇華されます。

しかし、豆自体が軽くなっていますので、浅煎りの豆と深煎りの豆を同じグラム数にした場合、深煎り豆の方が豆の絶対数が多くなります。

 
Kすけ
結果として抽出されるカフェインの量は浅煎りの豆とあまり変わりません。

重量で量った場合のカフェイン量
浅煎り≒深煎り

浅煎りと深煎りのカフェイン量については以下の記事でもう少し詳しく解説しています。

関連記事:浅煎りと深煎りのカフェイン量

アメリカンコーヒーは味わいがさっぱりしているため、ついつい飲みすぎてしまうこともあります。

ですが、カフェイン量は少なくないので、飲みすぎによるカフェイン中毒や依存症に注意しましょう。

アメリカーノとの違い

アメリカンコーヒーと似たような名前のコーヒーに、カフェ・アメリカーノがあります。

あまり聞いたことはないかもしれませんね。

アメリカンコーヒーと名前は似ていますが、実は作り方が違うんです。

カフェ・アメリカーノの作り方

カフェ・アメリカーノはエスプレッソをお湯割りにして作ります。

エスプレッソは深煎りの豆を使って旨味を凝縮しますので、強い苦味とコクを感じます。

カフェ・アメリカーノはそれをお湯で割るのでエスプレッソの風味を残しつつも、飲みやすい味わいになります。

 
Kすけ
エスプレッソマシンがないとおうちでは作れないです。

もしカフェ・アメリカーノが気になった方は、スタバやタリーズなどでレギュラーメニューとして提供されているので、一度頼んでみてはいかがでしょう。

アメリカンコーヒーの作り方

わたしの淹れ方ですが、アメリカンコーヒーを淹れるときのポイントは4つあります。

  • 浅煎りの豆を使う
  • 豆は中挽きくらい
  • お湯を多めにする
  • 高温のお湯を使う

浅煎りの豆を使う

浅煎りの豆を用意します。

浅煎りの豆が手に入らないときは中煎り豆でも問題ないかと思います。

豆は中挽きくらい

豆は中挽きくらいで挽きましょう。

挽き目を細かくしすぎると抽出スピードが下がって苦みや雑味の原因となります。

 
Kすけ
粗すぎてもただ味の薄いコーヒーになるので注意です。

お湯は多めにする

通常のハンドドリップをするとき、コーヒーの粉10gに対してお湯150ml使いますが、アメリカンコーヒーでは180ml~200mlのお湯を使います。

高温のお湯を使う

90℃~93℃くらいの温度のお湯を使います。

短い抽出時間でもコーヒーの成分を引き出しやすくなります。

まとめ~アメリカンコーヒーはあっさり飲みやすいので飲みすぎに注意~

アメリカンコーヒーはただ薄いコーヒーではなく、「浅煎りの豆」を使って多めのお湯で抽出したコーヒーです。

普通に淹れたコーヒーをお湯割りにしたものと比べて、さっぱりと飲みやすいのが特徴です。

アメリカンコーヒーは味わいがあっさりしているので、カフェイン量が少ないと思っている方もいるかもしれませんが、そうとは言い切れません。

コーヒー豆を体積で量った場合と、重量で量った場合とで豆の絶対数が違うからです。

計量スプーンで量った場合のカフェイン量
浅煎り>深煎り

重量で量った場合のカフェイン量
浅煎り≒深煎り

飲みやすいからといって大量に摂取すると、カフェインによって身体に悪影響を及ぼす可能性があります。

 
Kすけ
飲み方には十分ご注意ください。

コーヒーの1日の目安については以下の記事で解説しています。

関連記事:コーヒーは1日何杯まで?目安を解説

アメリカンにせよアメリカーノにせよ、どういったものなのかを知って、健康に楽しくコーヒータイムを過ごせるといいですね。

参考
アメリカン・コーヒー – Wikipedia
アメリカーノ (コーヒー) – Wikipedia

imperfect表参道
コーヒーの質の高さだけでなく、世界の社会課題の解決に注力していることが多くのメディアに取り上げられる、今注目のコーヒーショップがサブスクを始めました。
初回500円で楽しめるお得なサブスクで、あなたも気軽に社会貢献してみませんか?