初めてフレンチプレスを使ってみた感想と注意点【珈琲考具をレビュー】

※この記事にはプロモーションが含まれています。

こんにちは
コーヒーとスイーツを愛するブロガー Kすけ(@desertandcafe)です。

フレンチプレスがだいぶ前から気になっていましたが、調べるのが面倒で(笑)

先日何気なくツイッターを見ていたら、珈琲考具さんがフレンチプレスを出しているという情報があり、気づいたら楽天でポチってました。

 
Kすけ
思い立ったら即行動です。

ということで珈琲考具さんの「割れにくいフレンチプレス」を買ってみました。

使用感や注意点などをお話ししたいと思います。

  • フレンチプレスなら誰でもおいしくコーヒーを淹れられる
  • モチベーション維持には見た目も大事
  • 珈琲考具は雑に扱っても壊れにくいのでオススメできる

当ブログおすすめのコーヒー

imperfect表参道:初回700円で縛りなしの優良サブスク!

レビュー記事はこちら

Post Coffee:自分好みのコーヒーが毎月届く!※初回500円引きクーポンあり

レビュー記事はこちら

珈琲きゃろっと:超高品質のコーヒーが1杯53円から!

レビュー記事はこちら

 

フレンチプレスは浸漬式の抽出器具

フレンチプレスというのはコーヒーの抽出器具のひとつです。

コーヒープレスと呼ぶ人もいます。

サイフォン抽出と並んで浸漬式を代表する抽出方法です。

 
Kすけ
透過式と浸漬式については以下の記事で解説しています。

関連記事:透過式と浸漬式を解説

原理を簡単に説明すると、

  • 容器にコーヒーの粉とお湯を入れる
  • コーヒー液抽出後、フィルター付きのピストンを押し下げる
  • フィルターが粉だけを底に沈める
  • コーヒー完成

という抽出方法です。

文字だけ読んでもわかりづらいですよね。

 
Kすけ
以下のリンクを押すと同ページ内のレビューのとこまでジャンプします。

使い方を見る

フレンチプレスのメリット

フレンチプレスのメリットはなんといっても抽出が簡単なことです。

粉とお湯を入れて少し待ったらピストンを押し下げるだけで抽出できます。

特殊な技術はいらないので、初心者でもプロが淹れたコーヒーのような風味を出すことが可能です。

 
Kすけ
抽出する人によって味に差が出にくいのがメリットです。

コーヒー豆本来の風味をダイレクトに感じられるのもフレンチプレスの特徴です。

ペーパーフィルターを使った場合、コーヒー豆が持っている油脂分を漉しとってしまいます。

ですが、フレンチプレスに使われているのは金属製のフィルターです。

コーヒーの油脂分も一緒に抽出できるので、少しこってりしたコーヒーが楽しめるのも、フレンチプレスの醍醐味と言えます。

 
Kすけ
同じ豆を使っても、ハンドドリップのときとはまた違った味が楽しめます。

フレンチプレスのデメリット

フレンチプレスは豆の風味が出やすいため、低品質な豆を使うとおいしくありません

ある程度は高品質な豆が必要なところはデメリットかもしれません。

また、抽出が終わったらコーヒー液を早めに別の容器に移す必要があります。

コーヒー粉とコーヒー液が接触し続けて過抽出となり、えぐみ、雑味の原因となってしまいます。

  • 1回で飲み切る量を抽出する
  • 抽出が終わったら別の容器に移す

上記のような方法をとることで、過抽出を避けることが可能です。

 
Kすけ
せっかくのコーヒーなので、おいしく飲みたいですよね。

珈琲考具は新潟のブランド

ものづくりの町、新潟県燕三条。

今から約150年前に創業した下村企販株式会社が、培ってきた技術を生かして生み出したコーヒー用器具のブランド、それが珈琲考具です。

下村企販はコーヒー用器具以外にも、キッチン用品全般を取り扱っています。

 
Kすけ
気付かずに使っている方もいるかもしれませんね。

珈琲考具のフレンチプレス概要

スペックは以下の通りです。

商品名割れにくいフレンチプレス
容量最大400ml
サイズ(単位cm)幅12.5×奥行8.6×高さ17
重量215g
値段(税込)4,400円
備考50ml毎にメモリ付き

ガラスでできたフレンチプレスが多い中、珈琲考具のフレンチプレスはプラスチックで作られています。

ガラス製品だと落としてしまったり、耐熱とはいえ熱の扱いに気をつける必要がありますよね。

ですが、珈琲考具のフレンチプレスはプラスチックなので、雑に使えます。

比較的軽いことも特徴の一つです。

ガラス製だと洗った後、他の食器と重ねるのに少し気を遣いますが、プラスチックならそんな気遣い無用です。

最近流行りのアウトドアにも持っていきやすいですね。

珈琲考具のフレンチプレスの使い方

組み立て方

まずは組み立て。

フレンチプレスを全部ばらばらにおいてあるところ

買ってきてすぐはこんな感じでバラバラになっていますので、組み立てます。

黒いパッキンはプッシャーに付ける

黒いパッキンはプッシャーに付けます。

透明のパッキンは容器の底に付ける

透明のパッキンは容器の底蓋?に取り付けます。

蓋と底蓋をつけて完成

蓋と底蓋を付けて完成!

使い方

手順は以下の通りです。

  • コーヒー粉を入れる
  • お湯を注ぐ
  • ピストンを押し下げる
  • 出来上がり

粉は中挽き~粗挽きの粉を使いましょう。

挽き目が細過ぎると、フィルターのメッシュが詰まったり、ピストンを押すときに過剰に力が必要になったりします。

コーヒー粉とお湯の目安は以下の通りです。

  • 約1杯分 粉10g:お湯200mlもしくは粉15g:お湯300ml
  • 約2杯分 粉20g:お湯400ml

あくまで目安ですので、淹れてみて薄い・濃いと思ったら粉を増やす・減らすなどして微調整してくださいね。

使ってみる

容器にコーヒー粉を入れたら、お湯を投入予定量の1/3程度、粉全体にかかるように回し入れ、30秒蒸らします。

お湯を投入予定量の1/3程度、粉全体にかかるように回し入れ、30秒蒸らす

残りの2/3のお湯をゆっくり静かに入れ、蓋をして、先ほどの蒸らしの30秒と合わせて4分ほど待ちます。

残りの2/3のお湯をゆっくり静かに入れ、蓋をして、先ほどの蒸らしの30秒と合わせ4分待つ

4分経ったらプッシャーをゆっくり押し下げます。

ゆっくり押すことで、微粉が舞わず、舌触りのよいコーヒーができあがります。

4分経ったらプッシャーをゆっくり押し下げる

カップに注ぐときはできるだけ微粉を注がないよう、注ぎ切る少し前に止めます。

珈琲考具のフレンチプレスをレビュー

見た目

シンプルですがかわいらしくて割と好みです。

蓋と底蓋をつけて完成

器具の見た目は器具を使い続けるモチベーションに深く影響します。

見た目を気に入るかどうかは大事です。

性能

素材がプラスチックなので、とても軽くて扱いやすいですね。

割れにくいので、洗う時も気を遣う必要がありません。

また、使用後の粉の処理が簡単なのも評価ポイントです。

 
Kすけ
底蓋を外せばそのまま粉を捨てられます。

使用前後の面倒くささが少ないのは継続して使うためには重要です。

コーヒーの味

できあがったコーヒーには、豆本来の風味がストレートに出ていました。

ペーパーフィルターを使ったハンドドリップでは中々抽出されない豆のオイルや、コクを感じられます。

 
Kすけ
金属フィルターならではの魅力です。

コーヒーの抽出自体もとても簡単でしたので、これなら誰でもおいしいコーヒーを淹れられます。

注意点

フレンチプレスに共通する注意点ですが、抽出したコーヒーは早めにカップに移し切る必要があります。

コーヒーの粉がコーヒー液に漬かりっぱなしですので、どんどんえぐみが出てしまいます。

過抽出を避ける対策が必要です。

また、気を付けてもまあまあな量の微粉がカップに入ってしまいます。

最後まで飲み切るとカップの底に沈んだ微粉が口の中に入り、舌触りが悪くなるので、最後まで飲み切らないことをオススメします。

まとめ~フレンチプレスなら誰でもおいしくコーヒーが淹れられる~

珈琲考具の「割れにくいフレンチプレス」をご紹介しました。

特徴は以下の通りです。

  • パーツが少ない
  • プラスチックなので雑に使っても平気
  • 使用後の粉を捨てるのが簡単

基本の抽出方法はどのフレンチプレスでもほとんど差はありません。

 
Kすけ
細かいことを言えば、メッシュの細かさなどで多少風味は変わります。

ですが、初めて買うフレンチプレスなら見た目や使用前後の手間の少なさなどで選ぶのがよいでしょう。

その点、珈琲考具のフレンチプレスは扱いやすく、見た目も悪くないので、初心者の方にもオススメです。

みなさんも自分のお気に入りの器具で、コーヒーライフを楽しんでくださいね。

ちなみにわたしが使っているドリップポットも珈琲考具です。

これも見た目で選びましたが、割と気に入っています。

ドリップポットもレビューしていますので、興味があればぜひご覧ください。

関連記事:珈琲考具のツードリップポットを3年使った感想

imperfect表参道
コーヒーの質の高さだけでなく、世界の社会課題の解決に注力していることが多くのメディアに取り上げられる、今注目のコーヒーショップがサブスクを始めました。
初回500円で楽しめるお得なサブスクで、あなたも気軽に社会貢献してみませんか?