小川珈琲のデカフェ(カフェインレスコーヒー)を買ってみた

※この記事にはPRが含まれています。

こんにちは
コーヒーとスイーツを愛するブロガーKすけ(@desertandcafe)です。

ネットで買い物してると小川珈琲ってちょくちょく見るんだけど、あんまりよく知らないなあ。

って思っていたので、楽天市場で思わずぽちっと買ってしまいました。

飲んでみるとなかなかクオリティの高いデカフェでしたので、ご紹介したいと思います。

小川珈琲について

小川珈琲は京都に本社を構えるコーヒーの製造会社です。

創業は1957年と、なんと60年以上の老舗になります。

現在は各地で10店舗程営業をしており、コーヒー豆の販売・喫茶店タイプから、焙煎を体験できる店舗など、様々な形でコーヒーカルチャーを広めているようです。

小川珈琲のデカフェ(カフェインレスコーヒー)

今回購入したのは、ドリップバッグが7袋入ったタイプ。

購入時は約700円でしたので、1杯100円くらいと考えると少し高い気がする?

こちらはウォータープロセスというカフェインの抽出方法によって、97%以上のカフェインが除去されています。

使用しているコーヒー豆はエチオピア100%ですが、浅煎りと中煎りを50%ずつブレンドしているようです。

オンラインショップでは豆の状態でも販売されているようです。
細挽き・中細挽きまでなら挽いてもらうこともできるようなので、おうちにミルがない方でも安心ですね。

商品名:カフェインレス エチオピア モカ 100g
値段:780円(税込)

飲んでみた感想

淹れてみました。

コーヒー粉は贅沢に10g入っていました。
湯量は150cc、湯温は90℃で抽出しました。

モカらしいフレーバーが香りたち、味も酸味が効いていて、ドリップバッグとは思えませんでした。

まとめ

今回は小川珈琲のデカフェ(ドリップバッグ)をご紹介しました。

私は楽天市場で購入しましたが、セブンイレブンでも売っているのを見かけましたので、興味のある方はぜひ買ってみてください。
※店舗によってお取り扱いのない場合があります。

※オススメのデカフェ豆を以下の記事でまとめています。

ぜひご覧ください。

関連記事:デカフェ好きが選ぶデカフェ豆7選

imperfect表参道
コーヒーの質の高さだけでなく、世界の社会課題の解決に注力していることが多くのメディアに取り上げられる、今注目のコーヒーショップがサブスクを始めました。
初回500円で楽しめるお得なサブスクで、あなたも気軽に社会貢献してみませんか?