【決定版】コーヒー機能付きウォーターサーバーのおすすめランキング2024

※この記事にはプロモーションが含まれています。

 
ネコさん
コーヒー機能付きウォーターサーバーってどんなのがあるの?
おすすめが知りたいな。

おいしいお水を使って手軽にコーヒーを楽しめることで人気のコーヒー機能付きウォーターサーバー。

冷水も温水もこれ1台で事足りますし、コーヒーの抽出も自動でやってくれるため、時短家電として検討している方も多いですよね。

ですが、選ぶのに失敗すると、不満のあるサーバーをしばらく使い続けなくてはいけなくなります。

 
Kすけ
解約縛りもあるので、けっこうな金額になりますよね。

そこでこの記事では、コーヒー機能が付いているウォーターサーバー3つを徹底比較。選び方やおすすめをまとめました。

自分に合うサーバーがどれかわかるので、サーバー選びの失敗が減らせますよ。

ちなみに、価格・使いやすさなど、総合的に判断したおすすめはエブリィフレシャスです。

ただし、人によって求める機能やサービスが違うと思いますので、ぜひ最後までご覧になってください。

それぞれの特徴やメリットを理解して、お得に時短生活を始めてくださいね。

メーカー/機種月額(水代+レンタル料)水の種類コーヒーマシンおすすめな人 
エブリィフレシャス/tall+cafe3,850円浄水UCC ドリップポッド月々の料金を安く済ませたい人詳細
フレシャス/slat+cafe4,574円天然水UCC ドリップポッド天然水でコーヒーを飲みたい人詳細
アクアクララ/AQUA WITH5,008円UCC ドリップポッドRO水ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト
またはネスカフェ バリスタ
ラテやカプチーノも楽しみたい人詳細

コーヒー機能付きウォーターサーバーを選ぶときの7つのポイント

コーヒー機能付きウォーターサーバーを選ぶ際は以下のポイントに注意しましょう。

  • 月々の料金
  • 水の種類
  • コーヒーの抽出方法
  • 選べるカプセルの種類
  • サーバーの使いやすさ
  • サーバーのデザイン性
  • 水の注文ノルマの有無

購入後に後悔しないよう、自分にとって何が重要かを考えながら比較することが大切です。

 
Kすけ
人によって重要なポイントは違うので、全部を満たすことは考えなくていいですよ。

無理なく続けられる?月々の料金は最も重要

ウォーターサーバーを契約するにあたっては、無理なく続けられるかどうかは最も重要です。

契約している限りは毎月の出費になるので、家計を圧迫し過ぎない料金のサーバーを選ぶ必要があります。

 
Kすけ
毎月の出費を考えながら水を使うのはかなりストレスになります。

ウォーターサーバーにかかる料金は主に以下の3つです。

  • サーバーレンタル代
  • 水代
  • コーヒー代

この3つのうち、家庭によって変動するのは水代とコーヒー代です。

ですが、基本的に毎月の使用量が大きく変わることはありません。

1ヶ月にどれくらいの量を消費するのか、事前にシミュレーションしておくと、実際に契約したときとのギャップが少なくて済むでしょう。

例えば、2人暮らしで2人とも毎日コーヒーを飲んだ場合、約1万2千円ほどが水とコーヒー代になります。

筆者がフレシャスslat+tallを契約した場合のシミュレーション
1ヶ月当たり
・飲用:30L(1日1L計算)
・料理用:10L
・コーヒー用:3L(1杯当たり150ML計算)
使用水量 約43L
金額計 約7,500円(水1L当たり174.9円計算)
コーヒードリップポッドの最安カプセルで試算
83円×2人×30日
金額計 4,980円
合計約12,480円

4人暮らしなら、単純計算で水代とコーヒー代は倍です。

実際には家庭によって「こんなに使わない」、あるいは「もっと使う」ということもあるでしょう。

契約前に自分の家でどれくらいサーバーを使いそうか、シミュレーションしてみてください。

水の種類は3種類!それぞれのメリットを理解しよう

ウォーターサーバーの水は3種類あります。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、目的に応じた水を選ぶことが大事です。

水の種類特徴メリットデメリット
天然水自然界から採取した水健康や美容に良いとされる自然由来のミネラルが含まれることが多い価格が高い
浄水水道水をサーバー内でろ過して不純物を除去した水水代が水道料金分しかかからずお財布に優しい水道水と同等のミネラル分しか含まない
RO水0.0001ミクロンの超微細こ孔のフィルターを通して処理された水不純物をほとんど含んでいないミネラル分も除去してしまうため天然水より味わいが劣る

ウォーターサーバーの水をコーヒーに使う場合、ミネラルが豊富な天然水を使うと、よりおいしいコーヒーになります。

毎日のコーヒーのクオリティを上げたいなら、天然水が飲めるウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

 
Kすけ
ですが、天然水は価格が高くなりがちです。

おいしいからといって使い過ぎると、思いがけずお財布にダメージを負うかもしれません。

水代が気になる場合は、どれだけ使っても料金が変わらない浄水型のウォーターサーバーがおすすめです。

ドリップ派?エスプレッソ派?コーヒーの抽出方法は2通り

現在ウォーターサーバーに搭載されているコーヒーマシンは2種類。

UCCのドリップポッドと、ネスカフェのドルチェグストです。

 
Kすけ
ネスカフェにはバリスタというマシンもありますが、インスタントコーヒーのマシンなのであまりおすすめしていません。

カプセル式コーヒーは、密閉されたカプセルの中にコーヒー粉が詰まっていて、コーヒー粉にお湯を注ぐことでコーヒーが抽出される仕組みです。

ですが、同じカプセル式コーヒーでも、ドリップポッドとドルチェグストはそれぞれ抽出方法に違いがあります。

ドリップポッドドリップ式
ドルチェグストエスプレッソ式

ドリップポッドはプロのハンドドリップの技を再現したドリップ式の抽出です。

カフェのマスターのハンドドリップのような蒸らし時間・お湯の温度などを再現してあり、UCCのノウハウが詰め込まれた本格的なコーヒーが楽しめます。

一方、ドルチェグストはエスプレッソ式の抽出です。

本格高圧抽出によって、表面にクレマの乗った濃厚なコーヒーを味わうことができます。

 
Kすけ
抽出方法次第で味わいは全然違うものになります。自分の好みに合ったマシンを選ぶのが大事ですよ。

なお、コーヒーマシンが付いているサーバーは、マシンが付いてないサーバーと比べて、レンタル料金が数百円ほど高いです。

例えば、エスプレッソに興味がないのにエスプレッソ式を選んでしまうと、結局あまり飲まなくなって、無駄にお金を払い続けることになります。

どんなコーヒーを飲みたいかは、コーヒー付きウォーターサーバーを選ぶ際の重要なポイントですので、普通のコーヒーがいいか、エスプレッソがいいかで判断しましょう。

バリエーション豊富なカプセルでおうちコーヒーをもっと豊かに

毎日のように飲むコーヒー、「同じ味ばかりでは飽きてしまう」、という人もいるでしょう。

たまには違うコーヒーが飲みたくても、好みの味がなければ味変はできません。

そんな時は、カプセルの種類の多さで決めるのも一つです。

カプセルが違えば、コーヒー豆の産地やブレンドの配合の違いによって、まったく異なる味わいのコーヒーが楽しめます。

メーカーによってはブラックのコーヒーだけでなく、ラテやカプチーノのカプセルを取り揃えていることもあり、同じ味ばかりで飽きることはありません。

 
Kすけ
アクアクララのAQUA WITHに搭載されているドルチェグストは、カプセルの種類が約30種類と豊富です。

いろんなコーヒーを飲んでみたい人にとっては、カプセルの種類が多い方がたくさんの味わいを楽しむことが可能です。

毎日その日の気分によってコーヒーを変えられるので、コーヒーライフがより豊かになりますよ。

水を余らせないために注文ノルマは確認しよう

メーカーによって、毎月一定数の水の注文が義務付けられていることがあります。

お水が余っていて注文したくなくても、注文ノルマを達成しないと余計にお金がかかってしまうこともあるので、注文ノルマの有無は確認が必須です。

 
Kすけ
旅行したり、外食が多かったりすると、想定より水を消費できないこともありますからね。

なお、「ノルマはない」と記載されていても、2ヶ月以上連続で配送を飛ばしたときに「休止手数料」がかかることも。

金額自体は千円前後と大きなものではありませんが、地味にストレスになってしまいますので、ノルマや手数料が不要なものを選びたいところですね。

または、自宅の水道水を使う浄水型であれば、水の購入自体がありませんので、ノルマを気にせずに使うことができます。

 
Kすけ
料金はサーバーの利用料と電気代くらいですので、余計な心配をしなくてすみます。

水の使用量やノルマを気にしたくない人は、ノルマ無しのウォーターサーバーか、浄水型のウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

忘れてはいけないサーバーの使いやすさ

価格や機能だけでなく、サーバーの使いやすさといった点も忘れてはいけません。

毎日使うものだからこそ、ちょっとした不満が溜まりやすいものです。

使いやすさでは特に「ボタンの位置」といったポイントを確認しておくと良いでしょう。

なお、普通のウォーターサーバー選びにおいては、水のボトルの設置位置はかなり重要です。

ですが、コーヒー機能付きウォーターサーバーは、ボトルの取り付け位置が低い、またはボトルの取り付けが不要(浄水型)のものだけでしたので、ボトルの設置位置は気にする必要はありません。

 
Kすけ
水が入ったボトルは重たいので、ボトルの取り付け位置が高いと給水が大変なんですよね。

そのため、コーヒー機能付きウォーターサーバーを選ぶ際に気にするべきはボタンの位置です。

ボタンの位置が低いと、立った状態でボタンを押すときに手首が不自然な角度になって辛いですし、小さなお子さんでもボタンに簡単に触れてしまうなど、デメリットが多数。

ボタンはマシンの上面など、高めの位置についているのが好ましいですね。

デザイン性の高いサーバーならインテリアに映える

ウォーターサーバーを設置したところで、お部屋の見た目に合わなければ台無しです。

最近のウォーターサーバーはおしゃれなデザインの物も増えたとはいえ、インテリアとの相性は気になるところ。

 
Kすけ
せっかくお部屋のコーディネートを揃えたのに、ウォーターサーバーが合わなくて悪目立ちするのは避けたいです。

ウォーターサーバーのカラーは白や黒などが多く、インテリアに合わせやすいことが多いです。

とはいえ、万能のデザインはないので、設置する個所を考えるときに合わせて、設置したときの印象をイメージしておきましょう。

コーヒー機能付きウォーターサーバー3種類から選び方ごとのおすすめをご紹介

料金で選ぶならエブリィフレシャスのtall+cafe!

エブリィフレシャスのtall+cafeは浄水型のウォーターサーバーです。

家の水道水を使うので、水を買う必要がなく、1ヶ月ごとの料金がかなり安く済みます。

また、水を買わないので、水を注文や重たい水を玄関先で受け取るといった手間がありません。

 
Kすけ
重たい水を運ぶのはかなり大変ですからね。

料金に関する比較表は以下の通りです。

メーカー/機種月額(水代+レンタル料)内訳1L当たりの料金コーヒー1杯の値段電気代:使用電力
エブリィフレシャス/tall+cafe3,850円以下含む
・サーバーレンタル料
・浄水カートリッジ
※無料で定期配送
・配送料(サーバー・カートリッジ)
・その他手数料

83円~※1約360円/月
冷水/80W 温水/350W
フレシャス/slat+cafe4,574円サーバーレンタル料:1,320円※初月無料
水代:3,254円※9.3L×2本
174.9円83円~※1約380円~/月
冷水/90W 温水/430W
アクアクララ/AQUA WITH5,008円サーバーレンタル料:2,200円
水代:2,808円※12L×2本
※2年割りプランの場合
117円63円~※2冷水/105W 温水/465W

※2024年4月の情報
※1 最安値のカプセルから算出
※2 ネスカフェ ドルチェグスト カプセル定期便の1杯当たりの金額から算出

浄水用のフィルターカートリッジは32週ごとに無料で届けてくれます。

サーバーレンタル料以外にお金がかからないので、月々の料金がわかりやすいのもメリットですね。

また、搭載しているコーヒーマシンは大手コーヒーメーカー、UCCのドリップポッドです。

プロのハンドドリップの技を再現し、コントロールされた湯温や抽出速度によって、本格的なコーヒーが楽しめます。

 
Kすけ
ハンドドリップ特有の、まろやかで優しい味わいのコーヒーになります。

天然水でコーヒーが飲みたい方はフレシャスのslat+cafe

フレシャスのslat+cafeは今回ご紹介するウォーターサーバーの中で、唯一天然水が飲めるウォーターサーバーです。

山梨県富士吉田市で採水した天然水を使って、おいしいコーヒーが楽しめます。

コーヒーは軟水を使って淹れた方がおいしくなりますが、この天然水は硬度24mg/Lのかなり軟らかめの軟水です。

 
Kすけ
東京都の水道水の平均硬度が、60mg/Lだそうですよ。

ですので、口当たりがまろやかで、甘みを感じやすいコーヒーが出来上がります。

メーカー/機種水の種類特徴ボトルの内容量ボトルの処理
エブリィフレシャス/tall+cafe浄水塩素・不純物など除去
フレシャス/slat+cafe天然水富士吉田市の天然水1ボトル9.3Lペットボトルゴミとして処分が可能
アクアクララ/AQUA WITHRO水H2O以外をほとんど含まないクリアな水1ボトル12Lまたは7L水の配達時に回収

ただし、ボトルのサイズには注意が必要です。

水がたっぷり入った大きなボトルを女性が1人で持つのはかなり骨が折れます。

slat+cafeのボトル設置場所はサーバーの下部にありますが、ボトルを持ち運ぶのは給水のときだけではありません。

ボトル交換の大変さや、宅配された水を室内まで運ぶ手間を考慮するなら、浄水型を選ぶのも手です。

 
Kすけ
ライフスタイルに合ったものを選んでくださいね。

アクアクララのAQUA WITHならいろんなコーヒーが楽しめる!ラテやカプチーノも

コーヒーのバリエーションが多いのはアクアクララのAQUA WITHです。

普通のコーヒーだけではなく、ラテやカプチーノも楽しめるのが特徴。

30種類程のカプセルがあるので、味に飽きてしまうこともありません。

メーカー/機種コーヒーマシン抽出方法カプセルの種類カプセル1個の金額コーヒー粉の使用
エブリィフレシャス/tall+cafeUCC ドリップポッドドリップ式約15種類83円~※1
フレシャス/slat+cafeUCC ドリップポッドドリップ式約15種類83円~※1
アクアクララ/AQUA WITHネスレ ネスカフェ ドルチェグスト
またはネスカフェ バリスタ
圧力式約30種類63円~※2×

※2024年4月の情報
※1 最安値のカプセルから算出
※2 ネスカフェ ドルチェグスト カプセル定期便の1杯当たりの金額から算出

ドリップポッドのカプセル一覧
コロンビア ルパタ農園2023ハワイコナブレンド
ブルーマウンテンブレンドアールグレイ紅茶
カフェインレスコーヒーグァテマラ&コロンビア
ホンジュラス&コロンビアマンデリン&ブラジル
モカ&キリマンジァロ深蒸し静岡煎茶
静岡まろみ焙じ茶炭焼珈琲
有機栽培コロンビア鑑定士の誇りアイスコーヒー
鑑定士の誇りリッチブレンド鑑定士の誇りスペシャルブレンド
スプリングブレンド2024【公式限定】ドリップポッド・カプセルお試しセット
ドルチェグストのカプセル一覧
ホワイト モカハウス ブレンド
パイクプレイス® ローストライトノート ブレンド®
アイス アメリカーノサニー デイ ブレンド
コロンビアキャラメル マキアート
カフェ ラテラテ マキアート
カプチーノ抹茶 ラテ
リッチブレンド カフェインレスリッチブレンド
レギュラーブレンドモカブレンド
オリジナルブレンドモーニングブレンド XL
アイスコーヒーブレンドアイスコーヒーロースト XL
レギュラーブレンド カフェインレスロースト ブレンド(ルンゴ インテンソ)
エスプレッソ インテンソカフェオレ
フラットホワイトラテ マキアート
カプチーノアーモンドラテ
チョコチーノミルクティー
宇治抹茶

抽出方法も高圧力のお湯で抽出するエスプレッソ方式で、濃厚なコーヒーが抽出できます。

表面にはカフェで淹れたようなクレマができるので、まったりした口当たりに。

抽出したコーヒーをアイスクリームにかければアフォガードにできたり、アレンジの幅も広いですね。

 
Kすけ
ラテやカプチーノまで楽しめるのはAQUA WITHのメリットです。

コーヒー機能付きウォーターサーバーのおすすめランキング

コーヒー機能付きウォーターサーバーを契約するにあたって、特に重要な以下の3点を徹底比較しましたので、おすすめランキング形式でご紹介します。

  • 料金
  • 使いやすさ
  • コーヒー機能
メーカー/機種月額(水代+レンタル料)内訳1L当たりの料金水の種類コーヒーマシンコーヒー1杯の値段カプセルの種類サイズタンク容量使用できる温度チャイルドロック機能省エネ機能自動クリーン機能電気代:使用電力水の注文ノルマ解約金
エブリィフレシャス/tall+cafe3,850円以下含む
・サーバーレンタル料
・浄水カートリッジ
※無料で定期配送
・配送料(サーバー・カートリッジ)
・その他手数料
浄水UCC ドリップポッド83円~※1約15種類幅:290mm
奥行:363mm
高さ:1,125mm(フタを開けた高さ:1,375mm)
冷水=1.5L / 温水=1.5L温水:80~85℃
ECO温水:約70~75℃
高温水:約90℃
常温
冷水:5~10℃
ECO冷水:約10~15℃
約360円/月
冷水/80W 温水/350W
1年未満の解約/22,000円
2年未満の解約/16,500円
3年未満の解約/11,000円
フレシャス/slat+cafe4,574円サーバーレンタル料:1,320円※初月無料
水代:3,254円※9.3L×2本
174.9円天然水UCC ドリップポッド83円~※1約15種類幅:290mm
奥行:350mm
高さ:1,110mm
冷水=1.5L / 温水=1.5L温水:(通常モード)80〜85℃ 
(エコモード)70〜75℃
(リヒートモード)約90℃
冷水:4〜10℃
約380円~/月
冷水/90W 温水/430W
スキップ可能
※2ヶ月続けてサービス休止の場合、休止手数料発生
1年未満の解約/16,500円
2年未満の解約/9,900円
アクアクララ/AQUA WITH5,008円サーバーレンタル料:2,200円
水代:2,808円※12L×2本
117円RO水ネスレ ネスカフェ ドルチェグスト
またはネスカフェ バリスタ
63円~※2約30種類バリスタ搭載
幅:320mm
奥行:320mm
高さ:1,344mm
ドルチェグスト搭載
幅:320mm
奥行:320mm
高さ:1,327.5mm
冷水=3.3L / 温水=1.6L温水:85~95℃
省エネ運転中:70~75℃
冷水:5~11℃
冷水/105W 温水/465Wなし
※注文都度配達
プランによる

※2024年4月の情報
※1 最安値のカプセルから算出
※2 ネスカフェ ドルチェグスト カプセル定期便の1杯当たりの金額から算出

1位 エブリィフレシャス : tall+cafe

出典:エブリィフレシャス公式サイト
月額(水代+レンタル料)3,850円
水の種類浄水
コーヒーマシンUCC ドリップポッド
メリットいくら使っても定額
タンクへの給水が楽
デメリット解約縛りが3年
ラテ系のコーヒーは飲めない
キャンペーン・特典「新規申し込みキャンペーン」
初月の利用料金が無料
・Amazonギフト券3,300円分プレゼント
・抽選で300名にオリジナルグッズ(ステンレスタンブラーまたはマイバッグ)が当たる
・抽選で3名にDyson Pure Cool 空気清浄機能付タワーファンが当たる
※5月20日〜5月26日まで

「乗り換えキャンペーン」
・他社サーバーの解約金が最大16,500円キャッシュバック
・抽選で10名にeveryオリジナル 巾着トートバッグが当たる
※5月20日〜5月26日まで

「tall+cafe申し込みの方限定」
・UCCドリップポッド24杯分がもらえる

最もおすすめなのはエブリィフレシャスのtall+cafeです。

月額料金は3種類の中で最も安く、水の購入が不要なのでどれだけ使っても料金は変わりません。※コーヒー料金は別途必要

コーヒーマシンは大手コーヒーメーカーUCCのドリップポッド。

コーヒーのドリップで重要な、蒸らし・湯量・抽出スピードは、マシンがコントロールしてくれます。

カプセルの種類ではアクアクララのドルチェグストに劣りますが、専用のフィルターを使えば市販のレギュラーコーヒー(粉)も使用可能です。

 
Kすけ
スーパーで売っている粉で、おいしいコーヒーが楽しめるようになりますね。

ウォーターサーバーとしての機能性も申し分なく、チャイルドロックやエコモードなど、欲しい機能はしっかり備わっています。

何より、重たいボトルを運ぶ必要がないので、女性の方や腰が悪い方でも安心です。

 
Kすけ
10kg前後のボトルをサーバーにセットするのはかなりの重労働。それがないだけでかなり気が楽ですよね。

トータルバランスが非常に優れているので、できるだけ安く、おいしいコーヒーが飲みたい方に、エブリィフレシャスはおすすめです。

\ 実質2ヶ月無料キャンペーン! /

2位 フレシャス : slat+cafe

出典:フレシャス公式サイト
月額(水代+レンタル料)4,574円
水の種類天然水
コーヒーマシンUCC ドリップポッド
メリット天然水でコーヒーが飲める
使いやすさと子供に配慮のされたデザイン
デメリット2ヶ月連続で休止した場合、翌月以降1,100円の休止手数料が発生
ラテ系のコーヒーは飲めない
キャンペーン・特典「新規申し込みキャンペーン」
・初回は天然水1箱が無料
・オリジナルグッズ(水筒またはエコバッグ)がもらえる
・抽選で3名にBALMUDA The Toasterが当たる ※5/13~5/30まで

「乗り換えキャンペーン」
・他社サーバーの解約金が最大16,500円キャッシュバック
・初回は天然水1箱が無料※1
・抽選で10名にオリジナル水筒が当たる※2
※5/30まで
※1、2コラボサーバーは対象外

「slat+cafe申し込みの方限定」
・UCCドリップポッド24杯分がもらえる

天然水を使っておいしいコーヒーが淹れられるのはフレシャスのslat+cafe。

料金が高くなりがちな天然水のサーバーですが、1ヶ月の料金は2番目に安く、非常にコスパに優れます。

一見すると天然水1L当たりの料金は高めに見えますが、水を3箱以上購入すれば、翌月のサーバー料金を無料にすることが可能です。

 
Kすけ
3箱買って、ひと月分のサーバー料金を引いたら、1L当たりの料金はおよそ151円。天然水がこの金額でいつでも飲めるのはかなりお得です。

コーヒー機能を持たないslatはグッドデザイン賞とキッズデザイン賞も受賞していますが、そのslatと見た目の差はほとんどありません。

操作のボタンはマシンの上部にあるため、使いやすいことに加えて、小さいお子さんが誤ってボタンを操作して、やけどをするリスクも少ないです。

 
Kすけ
お水もサーバーの下部に設置なので、重たいボトルをもち上げてセットする必要がありません。

ユーザビリティ溢れるフレシャスのslat+cafeは、おいしいお水をたっぷり使いたい家庭におすすめです。

\ 天然水1箱分プレゼント /

3位 アクアクララ : AQUA WITH

出典:アクアクララ公式サイト
月額(水代+レンタル料)5,008円
水の種類RO水
コーヒーマシンネスレ ネスカフェ ドルチェグスト
またはネスカフェ バリスタ
メリットラテ・カプチーノが楽しめる
水の注文ノルマがない
デメリット料金が高い
コーヒーマシンが外付け
キャンペーン・特典「新規申し込み特典」
・初回999円でスタート

「新規申し込みキャンペーン」
ソーダストリーム ガイアまたはレコルトエアーオーブンをプレゼント
※4/2~9/2まで

「乗り換え特典」
4,000円分のAmazonギフトカードプレゼント

いろんな種類のコーヒーを楽しみたいなら、アクアクララのAQUA WITHがおすすめです。

高圧力で抽出された濃厚なコーヒーは、ラテやカプチーノ系のカプセルと相性抜群。

カプセルの種類自体も豊富で、なんとスタバのカプセルも買うことができます。

 
Kすけ
おうちにいながらスタバの気分が味わえます。

※スタバカプセル一覧

月額料金が少し高く見えますが、これはあんしんサポート料が含まれているからです。

サーバーのレンタル料金に加えて、専門スタッフによるサーバーの設置・撤去、定期的なメンテナンスから故障対応までが、月額料金に含まれています。

 
Kすけ
スマホの購入時に保険に入るのと似たようなものです。何かあった時のための安心代ですね。

また、水は定期配達ではなく、注文を受けてからの配達です。

毎月水を購入しなくちゃいけない、みたいなノルマもありませんので、あまり水を使わなかった月は、月額も安く済ませられます。

 
Kすけ
水を使うことに追われる必要がないので、気が楽ですね。

時短だけじゃなく、コーヒーの味にもこだわりたい方は、アクアクララのAQUA WITHがおすすめですよ。

\ 必ずもらえる豪華プレゼント /

コーヒー機能付きウォーターサーバーがおすすめなのはどんな人?特徴やメリット・デメリットを解説

コーヒー機能付きウォーターサーバーはこんな方におすすめです。

  • コーヒーを淹れる時間で時短したい人
  • ウォーターサーバーもコーヒーマシンも欲しいけど、部屋のスペースをとりたくない人

コーヒー機能付きウォーターサーバーは時短ができたり、おいしいお水でコーヒーが淹れられたりとメリットがある一方、デメリットもあるのでそれぞれ解説していきますね。

メリット①ハンドドリップより遥かに早い!1/5の時間でドリップ可能

コーヒー機能がついたウォーターサーバーなら、ハンドドリップよりも遥かに短い時間でコーヒーを抽出できます。

手順とかかる時間を比較するとその差は歴然です。

ハンドドリップコーヒーマシン
お湯を沸かすカプセルをセットする
豆を量るボタンを押す
豆を挽く
ドリップする
約7分1分半~2分

毎日コーヒーを淹れる場合、ドリップとマシンで5分半の差があると仮定すると、1ヶ月で165分、1年で1,980分(33時間)もの差になります。

コーヒー機能付きウォーターサーバーを使うことで、丸1日分以上の時短が可能となるのです。

 
Kすけ
タイパ志向が流行っている昨今、時間は有効に使いたいですものね。

また、コーヒー機能付きウォーターサーバーは後片付けも簡単です。

使い終わったカプセルを取り出して、ゴミ箱に捨てるだけ。

ドリッパーやコーヒーサーバーを洗う必要がないので、後片付けの面においても時短になります。

以下はフレシャスのslat+cafeでコーヒーの抽出時間を比較した動画です。

豆を挽かないので上記の試算とは結果が異なりますが、どれくらいのスピード感でコーヒーが抽出されるのかが実感できますよ。

メリット②コーヒーマシンと一体型なので部屋のスペースが節約できる

家族が増えると物も増えるので、リビングやキッチンのスペースはできるだけ空けておきたいですよね。

コーヒー機能付きウォーターサーバーなら、ウォーターサーバーにコーヒーマシンの機能が備わっているので、マシンとサーバーを両方設置したときに比べて、部屋のスペースを圧迫することがありません。

コーヒーマシンの使用面積はおよそ20cm×30cm×30cmなので、収納に困りがちなキッチンで、これだけのスペースが節約できるのはかなりありがたいです。

 
Kすけ
空いたスペースは子どもの粉ミルクなどを収納するスペースにしてもいいですね。

既存の有名なコーヒーマシンを搭載しているので、一体型だからといって、マシンの質が著しく低い、なんてこともありませんよ。

メリット③その日の気分に合わせていろんなコーヒーが楽しめる

コーヒーを自分でドリップする場合、常備している豆の種類は1~3種類です。

1度にまとめて買い過ぎると、豆の劣化の原因となります。

一方、コーヒーマシンの場合、1杯分ずつカプセルに密閉パックされているので、劣化の心配は少ないです。

気に入ったカプセルを選んで、複数種類を常備しておくことができます。

 
Kすけ
アソートボックスが売っていることもありますね。

また、お気に入りのレギュラーコーヒー(粉)を使うこともできるので、平日はカプセル、休日はお気に入りのコーヒーでドリップ、なんてこともできてしまいます。

その日の気分によってコーヒーが選べるのは、カプセル式ならではといえますね。

 
Kすけ
カフェインレスコーヒーもあるので、カフェインを避けたい人でもコーヒーが楽しめます。

メリット④コーヒーだけでなく紅茶や煎茶が楽しめる機種も

たまにはコーヒー以外の飲み物が飲みたい、そんな気分のときもありますよね。

実は、機種によっては紅茶や煎茶のカプセルもあります。

紅茶や煎茶のカプセルをセットして、ボタンをポチっとすれば抽出が可能です。

 
Kすけ
紅茶用のサーバーや急須などをわざわざ用意する必要もありません。

お茶菓子と合わせるのにコーヒーじゃないんだよな、ってときも、紅茶か煎茶があれば大概の食べ物と合わせられます。

優雅なアフタヌーンティーを楽しむことだって出来てしまいますね。

メリット⑤コーヒーマシンとウォーターサーバーを別々に契約した場合と料金はほぼ変わらない

コーヒーマシンとウォーターサーバーを別々に契約した場合をシミュレーションしました。

エブリィフレシャス
tallサーバー代:3,300円tall+cafeサーバー代:3,850円
ドリップポッド月額:4,580円
※1回のお届け48杯
ドリップポッドカプセル48杯分:3,992円
※送料580円別
※5,000円以上の購入またはカプセル定期便で送料無料
合計:7,880円合計:7,842円
フレシャスのシミュレーションを見る
フレシャス
slatサーバー代:990円slat+cafeサーバー代:1,320円
ドリップポッド月額:4,580円
※1回のお届け48杯
ドリップポッドカプセル48杯分:3,992円
※送料580円別
※5,000円以上の購入またはカプセル定期便で送料無料
合計:5,570円合計:5,312円

アクアクララのシミュレーションを見る
アクアクララ
AQUA FABサーバー代:1,430円AQUA WITHサーバー代:2,200円
ドルチェグスト月額:2,370円ドルチェグスト月額:2,370円
合計:3,800円合計:4,570円

エブリィフレシャス・フレシャスの場合は、マシンとウォーターサーバーを別々に契約した時よりも安くなりました。

カプセルの送料を計算に入れていませんが、一定金額以上まとめて買うか、定期便を利用することで送料は無料にできます。

 
Kすけ
多くの場合において、コーヒーマシンとウォーターサーバーを別々に契約する理由はあまりないということがわかりました。

デメリット①水が余る

ウォーターサーバー全般に言えることですが、利用している方からよく聞くのは水が余るということ。

定期配送されるウォーターサーバーの場合、前回届いた水がまだ残っているのに、次の水が届いてしまうことも。

 
Kすけ
実際わたしの友人も余るって言ってました…。

水にもお金を払っているので、余らせてしまうのはもったいないですよね。

ただし、配送のスキップシステムがあるサーバーか、浄水型のサーバーを選べば、水余りの問題は解決可能です。

水が余っている月は配送を飛ばしてしまえば、水も余らず、水代も浮きます。

浄水型のサーバーの場合はそもそも家の水を使いますので、どちらにしても、水余りの心配は不要ですね。

デメリット②コーヒー機能が無いサーバーより高い

コーヒー機能が付いているサーバーと付いていないサーバーでは、付いているサーバーの方が利用料が高いです。

例えば、エブリィフレシャスのtallとtall+cafeでは、サーバーの料金は550円ほど差があります。

 
Kすけ
1日当たり18円くらいですね。

この18円を必要なものと考えるかどうかが、コーヒー機能付きウォーターサーバーを契約するかどうかの違いです。

ただ、1日18円でコーヒーマシンがレンタルできる、と考えれば、かなりお得ですよね。

また、コーヒー機能が付いていることで時短ができて、家族との時間が増やせるのであれば、決して高い買い物ではないでしょう。

デメリット③解約縛りがある

ほとんどのウォーターサーバーでは、契約してから2、3年経たずに解約すると、解約金がかかります。

2、3万円が飛んで行ってしまうので、契約に躊躇する方も多いですよね。

 
Kすけ
そのお金があれば、回転寿司も行けます。

ですが、自分に合ったサービスを選べば、解約する必要はありません。

解約しなければ余計な出費も発生しませんよね。

なにを重視すかでサーバーは決まりますので、しっかりと比較して自分に合ったサーバーを選びましょう。

まとめ~面倒なコーヒー抽出を手軽に!コーヒー機能付きウォーターサーバーで時短をしよう!~

毎日コーヒーを淹れるのって楽しいんですけど、けっこう時間がかかりますよね。

ハンドドリップの場合、1回のドリップで7、8分はかかり、朝の忙しい時間にそんな手間はかけてられず、結局面倒になって止めてしまうことも多いです。

ですが、コーヒー機能付きウォーターサーバーなら、その悩みを全て解決します。

 
Kすけ
ハンドドリップの約1/5の時間で抽出し、かつおいしいお水で淹れたコーヒーを楽しむことが可能です。

その中でもおすすめはエブリィフレシャスのtall+cafe!

浄水型なのでお水を買う必要がなく、月々の料金がかなり抑えられますし、コーヒーマシンも大手コーヒーメーカーUCCのドリップポッドなので、高品質なドリップコーヒーが楽しめます。

新規の方も乗り換えの方も、お得なキャンペーンがやってることが多いので、タイミングを逃さないようにしてくださいね。

\ 実質2ヶ月無料キャンペーン! /

Q&A

アイスコーヒーは飲める?

アイスコーヒーボタンはありませんので、アイスコーヒー用のカプセルがあります。

コーヒーを抽出する際に氷をカップに入れて抽出しましょう。

市販のコーヒー粉や紅茶の茶葉は使える?

ドリップポッドなら、専用のフィルター(付属品)を使用することで、レギュラーコーヒー(粉)も抽出できます。

紅茶には使用できませんが、紅茶のカプセルはあります。

電気代はどれくらいかかる?

契約している電機会社や契約内容によりますが、1ヶ月の電気代目安はエブリィフレシャスが約360円、フレシャスが約380円です。

アクアクララは表記を見つけられませんでしたが、消費電力が他の2機種より大きいので、電気代も高くなるかと思われます。

水は毎月買わなきゃダメ?

浄水型なら購入不要、アクアクララは注文都度の配送なので、定期購入はいりません。

フレシャスは定期配達ですが、水が余っているときはスキップも可能です。

※2ヶ月続けてスキップすると、休止手数料1100円がかかります。

メンテナンスは大変?

サーバー内部については、エブリィフレシャスおよびフレシャスには自動クリーン機能が搭載されています。

アクアクララは2年に1度、専門スタッフの方がメンテナンスしにきます。(追加料金は不要)

出水口・給水口などのパーツは、拭き取ったり水洗いできたりと、そんなに面倒な掃除はありません。

解約縛りや解約金はある?

3機種ともに2年または3年の解約縛りがあります。

プラン毎に解約金が異なりますので、よくご確認ください。

申し込みから設置までの流れは?

メーカー毎に差はありますが、多くの場合は以下の順序となります。

  • 公式サイトから申し込み
  • 登録完了メールが届く
  • 自宅にウォーターサーバーが届く
  • サーバーを設置して完了

アクアクララは専門スタッフがサーバーの設置を行ってくれます。

フレシャス・エブリィフレシャスは自分で設置しなくてはいけませんが、工事などは不要なので、難しいことはありません。

 
Kすけ
組み立てとかはないので、開封してコンセントを刺すだけです。

設置して最初は動作確認や、すすぎなどの手順がありますが、説明書通りにやれば問題ありません。

関連記事:コーヒーサブスクのおすすめ10選!

imperfect表参道
今注目のコーヒーショップがサブスクを始めました。
コーヒーの質の高さだけでなく、世界の社会課題の解決に注力していることが多くのメディアに取り上げられるimperfect表参道。
初回500円で楽しめるお得なサブスクで、気軽に社会貢献してみませんか?