最新!Amazonブラックフライデーでオススメのコーヒー器具を大公開

※この記事にはプロモーションが含まれています。

2023年のAmazonブラックフライデーが始まりました。

過去のセール情報を踏まえて、気になっているorオススメのコーヒー器具をまとめましたので、ぜひご覧ください。

ちなみに今年の開催期間は、

11/24(金)0:00~12/1(金)23:59

までです。

年に1度のビッグセールですので、この機会に欲しかったあの器具・あのマシンをまとめて手に入れましょう。

 
Kすけ
めぼしいものはあっという間に売れ切れてしまうこともありますからね。

コーヒーミル

デロンギ コーン式グラインダー KG366J

粒度が16段階で調節でき、エスプレッソからフレンチプレスまでこれ1台で対応。

310gまで豆が入る大容量ホッパーなので、毎日20gくらいずつ挽いても2週間は持ちますね。

BODUM BISTRO コーヒーグラインダー 10903-01JP-3

12段階の挽き目調節ができるコニカル式グラインダー。

豆は最大220gまで投入可能です。

個人的にデロンギよりこちらの方が見た目が好みです。

Wilfa Svart Nymalt コーヒーグラインダー

北欧はノルウェー生まれの電動ミル。

コニカル刃かつ17段階の挽き目調節機能付き。

そして、メカ好きにはたまらないデザイン。

アップデート版に「Aroma」もありますが、カラーが黒しかないので、わたしが買うならNymaltです。

kalita コーヒーミル KH-9

カリタの手挽きミルはどれもデザインがかわいくて好きですが、その中でもKH-9が1番好みです。

この丸みのあるデザインが何とも言えません。

TIMEMORE C3 MAX

少しずつバージョンアップを繰り返すタイムモアのコーヒーミル。

C2やC3で十分と言われる方もいますが、個人的にはMAXがオススメです。

大は小を兼ねるじゃないですが、最大容量20gだと深煎り豆20gとか入らないです。※深煎り豆は浅煎り寄りも膨らんでいるため

アイスコーヒーがサッと作れないのは地味にストレスなので、わたしが買うならMAXです。

ポーレックス コーヒーミル2

セラミック製品が得意なジャパンメーカー。

アンダー1万円で中々のクオリティ。約30gまで挽けるのも嬉しいですね。

ちなみに、令和2年度九州地方発明表彰 特別賞 文部科学大臣賞を受賞しています。

1Zpresso X-Pro S

他の高性能ミルと違って、挽き目の調整が外部でできるのが嬉しいですよね。

そしてデザインがかっこいいのも特徴。若干シャンパンゴールド入ってるのもポイント高いです。

個人的にはタイムモアより好きです。

KINGrinder K4

こちらも外部調節式のミルです。

さらに刃がチタンコーティングされているので耐久力もアップしています。

コマンダンテC40 MK4

コーヒー愛好家みんなの(?)あこがれコマンダンテ。

お高級なミル筆頭なので、アホみたいに高いです。

ただし、持ってたらみんなから羨ましがられます。

ドリッパー

カリタ ウェーブドリッパー WDC-155

初心者からプロのバリスタまでと謳っているカリタのドリッパー。

欲しい。高い。でも欲しい。

カリタ ウェーブフィルター KWF-155(100P)

ウェーブドリッパー買うなら一緒にどうぞ。

ハリオ 浸漬式ドリッパー スイッチ

2019年度グッドデザイン賞受賞。

お湯を注いで2分待ったらスイッチを押すだけでドリップできるので、初心者でも簡単においしいコーヒーが楽しめます。

ドリップポット

カリタ ドリップポット スリム 700CU

カリタの銅製ドリップポットは色がいいですよね。

個人的にウェーブドリッパーを使うときはセットで使いたい器具ナンバーワンです。

ハリオ V60 ドリップケトル・フィット VKF-120-HSV

IHも直火もOKな万能選手。

ハンドル部分が樹脂加工されているので、熱しても手が熱くなりません。

電気ポット

エペイオス 電気ケトル

38~100℃という広いレンジで温度設定ができる優れもの。

ドリップタイマー付きなので、タイマー機能付きのスケールを持ってないならとっても便利に使えます。

しかもデザインが洗練されていてとてもオシャレです。

モテる家電大賞2022 受賞、らしいです。

LEACCO 電気ケトル

こちらも38~100℃で温度調節ができます。

カウントアップタイマー付きなので、ドリップも楽々です。

性能的にエペイオスと似てますが、どちらを選ぶかは正直、好みの問題ですかね。

フレンチプレス

ボダム フレンチプレス コーヒーメーカー

ボダムのコーヒー器具はオシャレなものが多いですね。

こちらは容量が500mlですが、他に350と1000mlのものもあります。

Cafe du Chateau おしゃれなフレンチプレス

こちらも中々にオシャレなプレス。

約1000ml作れるので、大人数で飲むときに活躍しそうです。

スケール

TIMEMORE タイムモア Black Mirror Basic Pro

みんな大好きタイムモア。

豆・お湯の量を量れる・デザインも良し・おまけにドリップタイマー付きと、3拍子揃ったドリップスケールです。

エレコムドリップスケール

こちらはPC周辺器具で有名なエレコムのスケール。

手ごろな価格ですが、性能はかなり高く、オートタイマーや計量精度の高さなど、コーヒーのドリップに欲しい機能は一通りそろっています。

ちなみにわたしも愛用しています。

コーヒーメーカー

デロンギ マグニフィカSECAM22020B

これ1台でエスプレッソからドリップコーヒーまで楽しめる素敵マシン。

ミルクを温めたり泡立てたりもできるので、自宅でミルクメニューも手軽に飲むことができます。

ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオエス プラス

カプセル式コーヒーマシンのドルチェグスト。

20種類以上のカプセルがあるので、そのときの気分によって飲み分けることができます。

imperfect表参道
コーヒーの質の高さだけでなく、世界の社会課題の解決に注力していることが多くのメディアに取り上げられる、今注目のコーヒーショップがサブスクを始めました。
初回500円で楽しめるお得なサブスクで、あなたも気軽に社会貢献してみませんか?